このエントリーをはてなブックマークに追加

ありがとう根岸愛さん!毛呂山町 その2 へら鮒釣りの名所!鎌北湖

こんばんは。

大宮以外の埼玉・毛呂山町編パート2です。

今回から本格的に、町の見所をご紹介してまいりますよっ!

 

静かな湖畔の鎌北湖

県道から西へ15分

県道30号線で予想外の渋滞に巻き込まれ、なんとか毛呂山町入りした車。

しばらく北に進んで左折し、町の西側へと移動します。

走ること約15分、県道を抜けると山道らしく曲がりくねった道が続きます。

そこまできついカーブではないですが、対向車に注意しながら慎重に進んでいくことにします。

 

朝早くから多くの車

しばらく走ると目的地に到着。


スポンサーリンク

左折して駐車場に車を止めます。

まだ10時前というのに、随分と車が止まっているのだな。

そんなわけで、まず最初に訪れたのが町の名所の一つでもある鎌北湖

町の西側にある、周囲2km水深20mの貯水池です。

同湖は戦前アメリカで発生した世界恐慌の対策として行われた公共事業のひとつで、1935年に完成した農業用貯水池。当初は山根貯水池と呼ばれていましたが、終戦後に毛呂山町観光協会が「かまきた湖」と呼ぶようになったということです。

別名で「乙女の湖」と呼ばれることもあるのだそうですよ。

 

へら鮒釣りの聖地

先述したように元は農業用の貯水池として設けられた同湖ですが、へら鮒釣りのスポットとしても有名です。

5~10月の間に釣ることができて、だいたい30cm前後のものが獲れるようです。

朝早くから湖畔で釣りをする釣り人の姿を多く見かけますが、車がたくさん止まっていたのはこれが理由だったんですね〜。

なお、釣りにあたっては入漁料(一日¥1,200)が必要となります。

専用の窓口のようなものはないのですが、後述する湖西側のボート乗り場で係員の方に忘れずに支払うようにしましょう。

 

冒険の航海へ出航!

また、へら鮒釣り以外にこんな楽しみも。

前述したように、貸しボートです。

手漕ぎのボート(30分¥500)の他に、足漕ぎのスワンボート(30分¥1,000)の2種類がございます。

貸し出しは3〜11月の土日祝日の10:00~15:00にかけて行なっております。

流石にこっちは野郎一匹だったので借りはしませんでしたが、お子様連れもしくはデートでご利用になってみてはいいのではないでしょうか。

 

いろいろネタだらけな湖畔

春は桜、これからの季節は…!

さて、それでは周囲約2kmの湖畔を歩いていきましょう。

ご覧のように、周りを山に囲まれている同湖。

そうなるともちろん…。

春は桜、そしてこれからの時期は紅葉が綺麗なんですよねー!

特に紅葉の季節は湖に反射してとても幻想的な世界になるのだそう。

紅葉の見頃は11月中旬〜12月上旬で、11月末には鎌北湖紅葉まつりも開催されます。

当然まだまだ先ですが、ぜひ紅葉シーズンは鎌北湖にお出かけになってみてはいかがでしょうか?

 

湖畔に佇むアレな建物たち

まるでムーミンの家!?

ところで、一番最初にアップした湖畔の画像をよく見ると、

こんな建物があるのに気づきましたか?


スポンサーリンク

来年飯能市にムーミン谷をイメージしたテーマパーク「メッツァ」ができるけど、なんだかムーミンの世界の家みたいだね。

一体あそこには何が住んでいるんだろう?

なーんて思いましたが、この建物は湖の管理事務所。

特にムーミンは住んでおりません。

…が、なかなかアレなデザインではありますね。


スポンサーリンク

絶対に入っちゃダメ!

そして、湖の南側を眺めていると今度は鉄筋造と思しきホテルのような建物がある。

あれは一体なんだろう?

ちょっとした好奇心を抱きつつ、湖の南側に周ります。

北側の遊歩道は舗装されているのですが、南側はこんな風に自然のままの姿になっています。

そして湖の南側に回り、建物の近くまで来ましたが青々と生い茂る草木!

これは、いわゆる廃墟というやつなのか!?

ここは元々山水荘という旅館だったのですが、2011年に発生した不審火で廃業を余儀なくされたのだそうです。

焼失を免れた建物や設備類は未だに残されているものの、どこぞの不届き者による落書きも見られました。

Youtube等で内部に潜入した動画も上がっていますが、くれぐれも中には立ち入らないでください

 

こちらはちゃんと営業中

なお、旧山水荘の近くには、鎌北湖レイクビューホステルが存在しています。

その名の通り元はユースホステルでしたが、現在は公共の宿として運営をされています。

なかなか年季が入っていそうな建物ですが、温泉施設が併設されていて宿泊もできるようです。

詳細は同施設のHPもご参照のこと。

 

駐車場のお犬様!?

よし、一通り湖も巡ったし、次の場所へ行こう。

そう思い車を停めた第一駐車場に戻ると、何やら神社のようなものを発見。

なになに、犬魂碑拝殿?

こちらは県の猟友会が亡くなった猟犬を弔うものとして設けたもの。

毛呂山だけでなく、越生町など周辺の猟友会の猟犬も合わせて供養を行なっているようですね。

こんなものがあるなんて、全く知らなかった!

とまぁ、湖畔にはネタ要素が無きにしも非ずな湖でしたが、へら鮒釣りの穴場、紅葉の名所としてレジャーには事欠かないスポットでした。

この次も、サービスサービスぅ!

つづく

 

スポット紹介

◇鎌北湖

  • 住所:埼玉県入間郡毛呂山町宿谷356-7
  • 備考:貸しボートあり(3〜11月の土日祝日10:00~15:00、スワンボート 30分¥1,000、手漕ぎボート 30分¥500)、入漁料¥1,200(1日)、駐車場あり(無料200台)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ
  • にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ