アツイぜ!熊谷市Returns その2 その店、規格外 江南名物チュー勇

ラグビーワールドカップが迫る熊谷市のご紹介。2回目ですが、早速食レポです。

スポンサーリンク

遠方からも食べに来る江南の名物店

お店を探して再びバスへ

見事な江南の藤を見ていたら、ちょうどお昼時だったのでランチへ移動。ふと近くの茂みに目をやるとポピーも綺麗に咲いています。

桜丘バス停から先ほど乗ってきたのとは逆方面のバスに乗り、5分ほど乗車して須賀広入口バス停で下車します。

どうやらその近くに、江南地区ではぜひ行っておきたいお店があるらしい…。

住宅街に突如として…

同バス停の周りは住宅街となっていますが、そんなバス停から5分ほど歩くと目的のお店があるようです。

住宅街の中に突如として現れるこちらのお店が、今回のお目当てのお店であるチュー勇

めし処ということで定食屋のようです。

上の画像のように店頭の駐車場には3台ほど車も停まっていますが、高崎など遠方から来ている人もいるようだ。

サッカー熱の高いお店

お店の内部の模様です。カウンター席と座敷席からなり、自分の他にも5名ほどの方が来店されていました。

店内を見渡しているとところどころサッカー要素が見られ、4年前のなでしこジャパンのW杯を応援するお手製の装飾や原口元気選手(ハノーファー96)の出身でもある江南南少年サッカー団のポスターなども貼られています。

ちなみにお店の奥さんが着られていたのも、まさかのアルディージャのTシャツでした…。

スポンサーリンク

これがデフォルト、覚悟はいいか?

こんなにたくさん!?メニューは100種類超

そしてこちらが同店のお品書きなのですが、とにかくメニューが多い!!ざっと見るだけで120はあります。

これ以外にも手で書かれたメニュー表もあり、そこにもメニューがびっしり。

お店自体は上記の女将さんと調理担当のご主人が切り盛りされているようですが、これだけ多いとレシピを忘れてしまうんじゃないのかと少し不安にならないこともないです(笑)

容器からして規格外

数あるメニューの中から、今回注文したのはスタミナ焼トロ丼(税込¥756)

届いた料理を見るとあらびっくり!

ラーメンに使われるドンブリにどどんと入っているではありませんか!

その量からして1合はゆうにあろうかというご飯の上に、豚肉がこれでもかというほど乗りその上に目玉焼きときました。

特に大盛りとかにはしていませんが、デフォルトでこの量ですよ…。

大きなスプーンを使って、いただきます!

お肉自体は味が染み込んでいてとても美味しいです。あれだけメニューもあってレシピも忘れちゃいそうなのに、そこはさすがプロです。

5分ほど表面の肉と格闘して、やっとご飯へ。

初めて食べる人にとっては量が多いかもしれませんが、一緒に来た人とうまくシェアするのも手かもしれないですね。

スポンサーリンク

お店紹介

◇チュー勇

  • 住所:埼玉県熊谷市江南中央3-6-14
  • 電話番号:048-536-5818
  • 営業時間:11:00〜14:00、17:00〜21:30
  • 定休日:不定休

次回も見てくれないと、暴れちゃうぞ!

つづく

関連記事

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事