この度当サイトでは新企画として、大宮や埼玉を中心に活躍する人や団体へのインタビュー企画「聞かせてくだサイタマ!」を始めることになりました。

第1弾として、川越を中心に活動するZIPANGメタルバンド「ThickFog」のお二人にその音楽や埼玉への思いを伺います。

 

自己紹介

ー改めまして自己紹介をお願いします。

雪:川越発「あなたを覆う」ZIPANGメタルバンド「Thickfog(通称:ふぉぐ)」です。
私がボーカルの桃胡雪(みるくゆき)です。

ZAKI:夫でギターのZAKIといいます。

ZIPANGメタルとは?

ー私もあらかじめ音楽を聴いてきましたが、スピーディーな演出でハラハラしましたし、雪さんの歌声が突き刺さってくる感じで聴いていて飽きませんでした!
ZIPANGメタルについて、詳しく聞いてもいいですか?

雪:もともと私たちThickFogは、お互いに好きだった陰陽座というバンドのコピーバンドから始まりましたが、その陰陽座というのが袴を着て演奏するメタルバンドだったのです。

甲賀忍法帖などの小説や、日本の妖怪や民話を基にした楽曲を奏でる「和」なバンドで、そのコピーバンドをしていたのですが、訳あって解散しました。
私自身はそれ以降バンドの経験はなかったのですが、ZAKIはブラックメタルというジャンルのもっとドロドロしたバンドにいました。

ZAKI:海外のブラックメタルを意識したバンドでギターをやらせてもらっていました。それが今のThickFogの経験に生きています。

雪:ZAKIがそんなブラックメタルバンドを辞めて少し期間が空きました。
それでも私にはもともとは芸術で食べていきたいという気持ちがあり、もうバンド活動を諦めていたZAKIの気をひくためにも、自分でデザインしたグッズを販売しつつ、ZAKIにコピーバンド時代に作ったオリジナル曲をYou tubeにアップしないかと持ちかけていました。

 

スポンサーリンク

名前の由来は…

そんな中で、バンド名をThickFogとしました。
このThickFogというのは焼酎の黒霧島からきていて、わざと安易にお酒の名前なんかつけちゃったし、まずは軽い気持ちでやってみないかということでZAKIを誘い、音源をアップをすることにしました。
そこからだんだん、私もZAKIも本気度が上がっていった感じです。

 

スポンサーリンク

ここにもシンクロニシティ

後で知ったのですが、この川越にある河越城は敵襲があると井戸から霧が立ち込めたという伝説があるようで、すごい軽い気持ちでThickfogなんて名付けていたのにな、と思い知らされたことがあります。
そんなところにシンクロニシティを感じたのもあって、小江戸川越の和のテイストを取り入れつつ、陰陽座の二番煎じで終わらぬよう自分なりの「和」を体現し、ジャパメタの一翼を担うためにも日本人にしか出来ないメタルを体現したいという気持ちになりました。
日本人にしかできないメタルを考えたときに、海外の人から日本は昔からZIPANGと呼ばれていますが、これにあやかって、海外からの人気も得られるように、ZIPANGメタルと位置付けたのです。

和の示し方

ーなるほど、承知しました。
でも楽曲の特徴ってどういうところにあるんですかね?あまり聴いていて「和」という感じではなかったのですが…。

ZAKI:楽曲自体に日本の音階は用いていませんが、歌詞で日本らしさを表しているのが特徴です。
なので、曲だけでなく歌詞も見れば日本人特有のメタルと感じてもらえるのではないかと考えています。

(次のページへ続く)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事