上尾を上げていけ AGETAKE2020毎週土曜に開催中

大宮味めぐりなど巣篭もり需要に向けて各地でテイクアウトメニューの販売やフードデリバリーなどの取り組みが始まっている。

上尾市においてもAGETAKE2020という取り組みが先週から始まった。毎週土曜に同市内で営業する選りすぐりの飲食店が一同に会し、自慢のテイクアウトメニューを販売している。

AGETAKE2020とは?

この投稿をInstagramで見る

 

Agetake2020(@agetake_2020)がシェアした投稿

上尾とテイクアウトを掛け合わせ、「上げていく」という言葉にも掛け合わせた同イベント。

同市内で営業する選りすぐりの飲食店が各々の特性を生かしたテイクアウトメニューを販売する。

新型コロナウイルスの感染拡大により飲食店への客足が落ち込む中、近隣の店舗で合同で何かイベントができないかということでうなぎ割烹の恵比寿亭(同市上町)などが中心となって開催に至った。

販売だけでなく実際に来場客と対面でやりとりすることによって、各店舗の宣伝の役割も期待される。

スポンサーリンク

開催の模様

毎週土曜に開催される同イベントだが、先週5/16(土)に第1回が開催された。

上尾駅東口からすぐの場所にあるカレー店・Cfarm(同市柏座)が会場となった。

参加店舗の紹介

初回となる同日の開催には同市内の5店舗が参加した。

特にやる気のある店舗や人々が集まったという。

このうち、北の国バル(同市宮本町)は北海道の幸を用いたホタテとキノコのクリームパスタやローストビーフ丼などを販売。

京都流和食に定評のある田中屋料理店(同市愛宕)は同イベント限定メニューとして究極の海苔弁当や鯖棒寿司を販売した。

また百名店にも選ばれた中華そばよしかわ(同市南)は持ち帰りセットを販売。家庭で調理して店舗の味を味わえるようになっている。

この他備長あかね屋(同市谷津)は炭火で焼いた焼き鳥丼と焼豚丼を販売、恵比寿亭はうなだれチャーハンなどテイクアウト限定メニューを販売した。

なお、開催にあたって米穀や酒類販売やを展開する須田商店(同市南)も協力した。

わずか20分で完売!

当日はあいにくの雨模様であったが、11:30の開始以降多くの利用客が詰めかけた。

InstagramをはじめFacebookやTwitterといったSNSでも多く拡散されていたため、それを見て来場した者も多かったようだ。

結果的に開始後わずか20分ほどで完売という事態になった。初回ということもあって各店舗やや少なめに2〜30食、合計で約120食を用意したが「次回からはもっと持ってこよう」と参加店舗からもうれしい悲鳴が聞かれた。

スポンサーリンク

今後の開催について

初回開催は大盛況のうちに幕を閉じた。

今後も同イベントは毎週土曜日に開催され、参加店舗も続々と増える予定だ。次回開催は明後日23日となるが、前回と同じくCfarmにおいて上記5店舗と手打ちそばの喜いち郎(同市中妻)が新たに参加する。

今後もソーシャルディスタンスを徹底し安心安全に料理を提供できるよう努めていくとしている。

イベント紹介

◇Agetake2020

  • 開催日時:毎週土曜日11:30〜無くなり次第終了
  • 開催場所:埼玉県上尾市柏座1-21-1 アリコベール ホテル館 Cfarm
  • 備考:開催場所や日時は変更になる場合あり、イベントInstagramを参照のこと

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事