今年もヤツらがやってきた!ツールドフランスさいたまクリテリウム2017

お世話になっております
明日の北区民まつり、みんなきてくれるカナァ…

 

さあ、今日さいたま市を熱くした、あのイベントのレポートを書かせていただきますよ!

 

 

ツールドフランスがさいたまにやってくる!

スポンサーリンク

自転車保有率No.1な埼玉県

私達が普段何気なく使う自転車

免許はあってもペーパードライバーな私にとっては、欠かせない交通手段であります。

 

実はわがふるさと埼玉県は、一人あたりの自転車保有台数が全国1位らしいんですよね(2008年)!

そして自転車が走りやすい、平地の割合も全国第2位

まさに、THE Bicycle Islandと言えそうです。

スポンサーリンク

自転車王国埼玉を象徴する自転車レース!

自転車王国といっても過言ではない我が埼玉県

そんな埼玉を象徴する自転車レースがツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

言わずと知れた、世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランス

その100回開催を記念して、2013年から行われているのが、さいたま市版の、このさいたまクリテリウムです!

 

過去4回にわたって熱い戦いが繰り広げられてきたこのレース

今年は一体どんな戦いが…?

 

 

これにちなんでさいたまサイクルフェスタも開催!

スポンサーリンク

レースの前にこっちも見ないとね!

 

さあ、レースを見るぞ~!

…そのまえに、関連イベントもたくさんやっているから、そっちも見ないとね

その方が、レースがより楽しくみられるでしょ?

 

今回のレースに関して、関連イベントもさまざま行われました

その一つが、さいたまサイクルフェスタ

こちらは、戦いの舞台である、さいたま市の自転車施策の柱である「たのしむ」、「まもる」、「はしる」、「とめる」を4つの視点をテーマにしたイベントであります。

レースの前のウォーミングアップと行くぜ!

 

広々とした敷地で開催

フェスタの舞台である、さいたま新都心・三菱マテリアル敷地へ

税金の無駄遣いだとかなんだとか言われていることもあるのに、結構盛り上がってそうですね~!

 

こちらが会場の入り口です!

 

会場入ってすぐのところに待ち構えていたのは、大会のスポンサーにしてディアパートナーであるJCOMのキャラクターざっくぅです

JCOMでも放送している本場ツールドフランスの紹介をはじめ、ざっくぅグッズが当たる抽選会もやっていました

豪華景品が当たるスタンプラリーも

主催元である、さいたま市のブースがこちら

市が運営するコミュニティサイクルや、自転車道の整備など市の自転車政策の紹介がなされていましたが…

こんな風に、会場内に点在しているスタンプをすべて押すと、豪華景品がもらえるスタンプラリーも行われていました。

な、何がもらえるんだろう・・・?

 

まさかの悪魔おじさんが来日

会場内のスタンプを探していると、こんなブースを発見

なんだ、これは・・・?

 

クリーン工房ことクリコボによるこちらのブース

大の自転車レースファンで、欧州各地の自転車レースには必ず悪魔の格好で応援に駆けつけるという、その名も悪魔おじさんをフィーチャーしたブース

このためにわざわざ来日したんかい!

よく見たらWikiにも項目があるぞ

あれかね、オリンピックには必ず駆けつけるという、オリンピックおじさん的なもんかね

 

今でこそF東サポーターのYoutuberコハロンさん等がいらっしゃいますが、その走りなのかもしれないですね…

弱虫ペダルとのコラボも

自転車競技をテーマにし、センセーションを巻き起こした漫画「弱虫ペダル」

会場には、そうした弱虫ペダルのグッズも売られていました

また、こんなブースも!

なんと弱虫ペダルの漫画の一コマに入って、登場人物たちとの写真が撮れるようです!

実際に入っているわけではないのだけれど、漫画の登場人物を写真が撮れるなんて、夢のような企画ではないでしょうか。

 

キッズ向けの体験コースも

また、会場にはキッズ層向けの自転車体験コースも設けられていました

 

穏やかな天候の下、青空の下ででこぼこ道を自転車で走る子どもたち

選手に負けず、みんながんばれ!

スタンプを全部集めると…

そうこうしているうちに、会場内のスタンプを全て集めてしまいました

さいたまはーと、になるのね!

 

そうしてさいたま市ブースでもらったものがこちら

オリジナルのコインケースにシールです

 

シールについては、早速乗ってきた自転車に貼ってみました!

Beautiful Ride、ね

 

自転車用品も盛りだくさん

この他、会場内にはブリヂストンをはじめ、国内外の自転車関連製品を製造するメーカーが出展し、即売会を実施していました

いずれも自転車ファンを中心に、大盛況でしたね

 

イベントオリジナルグッズの販売も

ヌゥがかわいらしいですね

 

さて、新都心方面に向かうか!

 

 

けやきひろばでさいたまるしぇ

青空のもとのオープンカフェ

ああ、なんか急にネットの調子が悪くなって、前の文章書いてから1時間後にようやく書けるようになった…

さいたま新都心駅の反対側、けやきひろばでは、オープンカフェのさいたまるしぇが行われました

穏やかな天気のもと、多くの方々がいらっしゃっていました

なんか、さいたまらしくないね

 

さいたまとフランスの融合!?

ツールドフランスがさいたまにやってきたということで、今回の出店も、さいたま市内のお店が中心ですが、フランス料理を出すブースも多くみられました。

料理に限らず、フランス料理の出店もありました。

いずれも大盛況でしたね!

なんかいいよね、こういう関連イベントって

 

そして、会場にはJCOMのキャラクター、ざっくぅもお目見え!

多くの方に親しまれていましたねぇ

 

…なんか通信不良で一気にペースが崩れたので、先を急ぎます

 

 

本家にも劣らぬ熱い戦い!

沿道には多くの観客が

さあ、いよいよレースを見て行こうと思います!

 

ちょうどタイムトライアルレースが行われていました。

各選手もしくは各チームが1組ずつスタートし、ゴールまでの所要時間を競うレースです。

ゴールとは反対側の、赤十字病院近くで見ておりましたが、ご覧のように沿道には多くの観客の方が詰めかけていました!

逆にこれだと、前日から沿道にシートを敷いておかないとヤバいくらいだな

来年からは、そうしよう

 

沿道からは溢れんばかりの大声援!


選手が走ると、沿道からはこんなふうに歓声が聞こえました!

中にはベルを鳴らしている人も

 

こちらはけやきひろばの横から、コースを俯瞰してみた様子

多くの観客が沿道に詰めかけているのがわかるかと思います。


その模様を下から

いいねぇ~、こうやって街全体が熱くなるって!

 

ゴールへ急げ!スプリントレース

そして今度はまた駅の東側へ

去年は赤十字病院のあたりがゴールでしたが、今年はこちらがゴール兼スタートになっています。

観客用のスタンドまで出ていますね!

 

今度はスプリントレースの決勝戦が行われました。複数の選手で競い合い、ゴールに先着した者を勝者とするこちらのレース。

4つのグループに分かれて予選を行い、各グループ1位の選手による決勝戦が行われたというわけです。

 

こちらも観客が多く詰めかけていましたが、ゴール直前の模様がこちら!
すごい白熱したレースですね~!

最後はビデオ判定になりましたが、ドイツのキッテル選手が優勝を果たしました

お見事!

スポンサーリンク

 

壮観なメインレース

途中参加なので、全種目を見たわけではないのですが、15時からは全出場選手54名によるメインレースが行われました。

 

こちら、コクーン前のアンダーパスに入る直前、スタートから約500m地点で見た様子です。

多くの選手たちが走る姿は、とても壮観です!

いや~、これが埼玉で見られるなんていい時代になったもんだ!

 

最後まではいなかったのですが、こちらのメインレースは、イギリスのカヴェンディッシュ選手が優勝しました!

長い行程だったのに、本当にお疲れ様でした!

 

思わぬアクシデントがあって、なんか後半にかけてすごいグダグダになってしまいましたが、以上が今年のさいたまクリテリウムのご紹介でした!

来年は、指定席買って見ようかな…

 

早起きしなくちゃいけないので、このへんで失礼いたします!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事