お隣川越市にある山田食堂をご紹介いたします。

スポンサーリンク

川越特急来月デビュー!

さて、やってきたのは川越駅東口。大宮からであればJR川越線で1本です。

同じく川越駅には東武東上線が通っていますが、来月3/16(土)からはその東上線に「川越特急」が走ります。

平日は下り2本・上り3本、土休日は下り2本・上り4本設定される同列車は、池袋~川越間を最速26分で結ぶ予定です。

(東武鉄道プレスリリースより)

「TJライナー」にも使われるクロスシート車で運転される同列車のうち、一部列車には川越観光を案内するコンシェルジュが乗務します。なお、停車駅は池袋を起点に朝霞台・川越・川越市・坂戸・東松山、東松山~小川町間の各駅となっています。

川越の名所や文化をあしらった上図の「池袋・川越アートトレイン」もこの運用に入るということですよ。

スポンサーリンク

通りの脇にある食堂

川越が誇るクレアモール

そして今回の御目当てのお店があるのが、川越駅東口から蔵の街並みまでを結ぶ商店街「クレアモール」です。

川越新富町商店街と川越サンロード商店街を合わせ、川越駅の北へ約1,200m伸びている同モール。終日人通りが絶えず、その集客力は埼玉県内では大宮駅周辺に次ぐものと言われています。

以前もラーメン武蔵家をご紹介いたしましたが、飲食店はじめ雑貨店や服飾品店などが多く建ち並ぶ同モールは、さながら原宿のような雰囲気を醸し出しています。

電柱も地中に埋められており、とても歩きやすいですよ!

目印はメガネスーパー

さて、ちょうどモールの中間ほどの地点に丸広百貨店川越店が見えてくるのですが…。

川越駅方面からだとここで左折できる路地があるので、左折します。ちょうどメガネスーパーが目印です。

モールは多くの人通りでごった返しているのですが、少し脇道に逸れただけでこの静けさ。なんとも言えないギャップを感じさせます。

定食は魚がメイン

そして到達するのが今回の目的地である山田食堂です。

地元では「やましょく」という通称で呼ばれているのだそう。

食堂ということで定食がメインのお店ですが、日替わりのシャケのフライにぶりの照り焼き、さんまの開き干しとどちらかというと魚定食が多いようです。

スポンサーリンク

料理も雰囲気も温かいお店

開店直後から大賑わい

詳しいお店の情報については後述しますが、訪問時の時刻はおおよそ11:30とお店の開店時刻とほぼ同じくらい。

これくらいの時間であればそこまで混んでないだろうと思い、暖簾をくぐったところ…。

これが誤算だった。満員ではないものの開店直後というのにほぼ全てのテーブルや座卓が埋まっており、その人気ぶりが伺えてきます。

そしてお店で明るく、そして気さくに接客や調理をされているのが、お年を召されたマダムの皆様。初めて入った管理人でしたが、非常に温かく迎えていただいて居心地は本当に良かったと思います。

一口サイズのチキン南蛮

魚定食でも良いのですが、今回は特に満足度が高いというチキン南蛮定食を注文しました。

チキン南蛮というと一枚肉をカットしたものを思い浮かべる方も多いことでしょうが、同店では唐揚げのように一口大サイズのものになっています。

ではいただきます。お肉も固すぎずちょうど食べやすい固さです。

タルタルソースも卵が多めで、甘すぎないのが大人好みです。

そんなチキン南蛮をお腹いっぱいいただいてきましたが、料理も雰囲気も温かくふらっと立ち寄りたくなるようなお店でした。

お店紹介

◇山田食堂

  • 住所:埼玉県川越市新富町2-26-4 エスポワールやまだ1F
  • 電話番号:049-228-0250
  • 営業時間:11:30~15:00/17:00~20:30
  • 定休日:水・日曜日

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事