頑張るママへプレゼント 大宮西口・FBモーゲージが焼き鳥弁当配布

住宅ローン・フラット35を専門に取り扱う代理店・FBモーゲージ(さいたま市大宮区桜木町、根石高宏社長)が、炭火串焼台所ちっきんはなれ大宮西口店(同町)やママスマ(同区仲町)と共同で家庭を支える主婦に向けて特製焼き鳥弁当の無料提供を行っている。

新型コロナウイルス感染拡大で家庭で過ごす時間が増えている中、少しでも主婦層の家事負担削減へとつなげていく。

FBモーゲージの紹介

2015年創業の同社。住宅ローン・フラット35を専門に取り扱いその紹介取次及び事務手続き代行業務を主業務とする。

住宅ローン契約には様々な条件があるが、高度な専門知識と豊富な経験を持つお金のスペシャリストを擁し各顧客の事情にあった最適な提案を実施する。

主な拠点は大宮西口だが、東京・竹ノ塚にも女性専門の住宅ローン相談窓口「FEMALE BRANDING」を開設。同じ女性スタッフによる同性ならではの視点で的確なアドバイスを顧客に示す。

今後は住宅ローンだけではなくリスクマネージメントとファイナンシャルプランニングサービスも積極的に提案できるよう、各種ローンや保険などの取り扱いを増やしていく予定だ。

スポンサーリンク

弁当配布について

この投稿をInstagramで見る

 

FEMALE BRANDING(@femalebranding)がシェアした投稿

新型コロナウイルスの影響で家庭で過ごす時間が増えている中、同社では前期2者と共同でちっきんはなれ大宮西口店の特製焼き鳥弁当の配布を6/15より実施している。

配布は8/31まで毎日先着で実施する。好評につき7/31までの予定から延長となった。

配布対象は一番上のこどもが15歳未満の家庭で、期間内のいずれかの日に家族分(最大4個まで)専用フォームより申し込む形となる。

受取時間は17:00~20:00の間で、受取場所は前述のちっきんはなれ大宮西口店。

取組を始めた経緯

同社根石社長にこの取組を始めた経緯を聞いた。

同ウイルスの影響で、住宅ローンを削減したいという問い合わせも増えてきたという同社。

それ以外にも好意にしている飲食店が影響を受けていたり、後述するように在宅時間が増加し家事に疲弊する者も出てきている。
こうした状況下において何か慈善事業はできないかというところから始まった。

中でも在宅時間の増加により主婦への家事負担が偏りがちになっている。そこで少しでも主婦の負担を軽減できるように弁当配布に至ったという。

取組に対する反応

取組が始まって1ヶ月が経過したが、実際の利用者からは「大変助かる」「嬉しい」「楽しみ」「豪華で美味しい」などのうれしい言葉が届いている。「以前から気になっていたお店だ」という声もあった。
一方で「同社にとってどのようなメリットがあるのか」と「無料提供」の企画内容を不思議に思う者もいたという

「衣・食・住」という生活に不可欠で今まで当たり前だった事がこのコロナ禍では「普通」ではなくなってきている。
そんな不便さの中でも「人」と「人」が繋がれる場所(瞬間)があること、人の温もりを感じれる場所(瞬間)があること、それはこの上ないことであるということをこの「手作り弁当」から感じてもらえればと根石社長は想いをかける。

今後に向けて・読者へのメッセージ

この投稿をInstagramで見る

 

FEMALE BRANDING(@femalebranding)がシェアした投稿


長期的な視野では、今後は「ひと」・「地域」・「企業」を結びつける役割を担える位置まで成長していきたいと根石社長。
現段階では「衣・食・住」の「住」の部分を主業に地域と関わっているが、今後は「食」の部分でも関わりを持てればということで、その発端が今回の企画といえよう。

同社の社内理念は「人」×「3S」。
「人」とは人間力、「3S」とはSpeed(スピード)・Support(対応力)・Suggestion(提案力)から成る。
これらを最大限に活かし既存業態に囚われることなく地域へ貢献していくと懸ける想いは熱い。

「コロナ禍ではありますが、皆様のご多幸を心より願っております」と根石社長。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事