日没後はテラス席で 大宮南銀座商店会で南銀夜市開催中

大宮南銀座商店会(大宮区仲町、小島敏也会長)は、昨日10/20〜11/29までの期間の日没後に南銀夜市を開催している。

同会周辺の店舗でも新型コロナウイルスの感染が報告されているが、開放型テラス席の実施で感染予防や安心して利用できる南銀座を訴求する。

南銀夜市について

この投稿をInstagramで見る

 

開業53年 もつ焼き 大阪屋 公式アカウント(@osakaya_official)がシェアした投稿


同企画では連日日没後の17:00〜22:00にかけて、同会所属の店舗が店舗前道路にテラス席を設置する。終了時間は店舗によって異なる。

対象区域となるのは南北に走る南銀座通りと東西に走る片倉新道で、同企画にあたり両道を「南銀座屋台通り」と同会は位置付ける。風が抜ける路地の屋台ゆえ、感染リスクを抑えてナイトライフを楽しめる。

各店舗においても、客席間の距離確保やアルコール消毒など感染症対策に力を入れる。また、店舗によっては割安価格で提供を行うところもある。

初日の模様

開催初日となった昨日は、地元出身のK-1ファイターである稲垣柊選手および稲垣澪選手がテラス飲みを楽しんだ。

「試合が終わってから、またゆっくりおじゃまします」と柊選手。

報道機関による取材も行われているなど、注目度は高い。

スポンサーリンク

参考:一番街でのおおみやストリートテラス

なお、同じく近隣の大宮一番街商店街(大宮区宮町)では、アーバンデザインセンター大宮によるおおみやストリートテラス@一番街が11/29までの連日11:00〜23:00に開催されている。

ストリートでの大宮らしい新たな生活に向けた社会実験で、一番街の店舗の軒先に飲食スペースや販売スペースが設置し、屋外で三密を避けながらおいしい料理や買い物を楽しめる企画となっている。

スポンサーリンク

同企画に関する問い合わせ先

大宮南銀座商店会(担当:渡邊さん)

  • 電話:048-657-2770
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事