スポンサーリンク

27年間本当にお疲れ様でした!

役作りに勤しんだ矢島さん

そして先日6月1日、しんちゃんの声優を27年間務めてきた矢島晶子さんの、今月いっぱいでの降板が発表されました。

番組開始から27年、最初の頃は役作りや子どもに見せたくないという評価にかなり苦労された矢島さん。

次第にボーッとしたあの独特の声を生み出し、しんちゃんの役作りに大きく貢献されました。

さらにオラはにんきものなど番組のアニメソングも歌い、こちらも大変なヒットとなりました。

ちなみに、番組のオーディションの際にはドラえもんの初代ジャイアン役で有名なたてがべ和也氏が審査員を務められたという話ですよ。

 

しかし、そうした役作りで演技の幅が狭まってしまい、この度降板されることが決まりました。

来月から生まれ変わるしんちゃん

降板まで1ヶ月という短い準備期間でしたが、去る6月14日に7月の放送分から矢島さんの後任として、千葉県出身の小林由美子さんがしんちゃんの声を務められることが発表されました。

デュエル・マスターズやドラえもんなどで実績豊富な小林さんも、矢島さんの精神を受け継ぎ、役作りに尽力する旨を豊富として語っています。

苦労も多いかもしれませんが、頑張ってほしいものです。

主題歌も変更に

これに合わせて、番組の主題歌も変更。

今まではきゃりーぱみゅぱみゅの「キミに100パーセント」でしたが、7月6日の放送分からゆずの「マスカット」に変更されます。

ちなみにゆず自体は、2015年に公開された映画「オラの引越し大作戦」でも主題歌を歌っており、3年ぶりのタイアップとなります。

矢島さん最後の放送は明日19:30〜

話は戻りますが、矢島さんがしんちゃんの声を務められる最後の放送は、テレビ朝日系列で明日6/29 19:30〜(一部異なる地域あり)です

私も数年ぶりにタイマー録画することにしちゃいました。

これまでしんちゃんを通じて春日部、そして埼玉を世界に発信してきた矢島さん。

一埼玉県民としては感謝してもしきれないほどです。

そんなこれまでの感謝を込めて鑑賞できればと思っております。

 

長くなりましたが、以上になります。

じゃ、そういうことで〜!

 

おわり

 

過去記事一覧

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事