【愛と哀しみの埼玉の歴史】矢島さんありがとう!埼玉のヒーロー・クレヨンしんちゃんのこれまで その2

こんばんは。

埼玉のヒーロー・クレヨンしんちゃんのこれまでを振り返る企画の2回目。

今回は、実際の埼玉県との関わりにスポットを当てていこうと思います。

 

スポンサーリンク

公式に春日部の顔に!

依然として黙認状態

前回も書いたように、批判を受けながらも放送を続けてきたクレヨンしんちゃん。

春日部をはじめ、越谷や久喜など埼玉の地名も劇中では数多く登場し、全国規模で埼玉の地名が流れる事態にまで発展していました。

ですが、1992年の放送開始から10年近く経っていたのに、春日部をはじめとする埼玉県内の自治体ではそこまで盛り上がっている印象はありませんでした。

いわば、黙認状態というか…。

やはり、PTAなどからの風当たりもあって、なかなか認めることができなかたのかもしれませんね。

転機は春日部市政50周年

しかし、そんな中で一つの転機がありました。

それは作品の舞台となっていた春日部市の市政50周年です。

2004年の市政50周年を記念して、何かできないかとあれこれ考えていた同市。

そんな中で目をつけたのが、春日部を舞台にして春日部の名を全国に知らしめたクレヨンしんちゃんでした!

市から住民票が発行

こうして2003年10月に1年間の任期で市のイメージキャラクターに任命されたしんちゃん

市政50周年を記念して、市政の様々な場面でしんちゃんが取り上げられるようになりました。

その一つが、2004年4月に発行されたしんちゃん一家の住民票です。

「春日部市双葉町904」という架空の地名に、しんちゃんをはじめとする野原一家が住民登録され、記念の特別住民票が配布されました。

もちろん公的なものではありませんけどね。

確か私の母も一枚もらっていた気がするので、今度家を探してみます。

文化会館で最新映画の試写会!

加えてこの年公開になった映画の試写会も、春日部市の市民文化会館で行われました。春日部で試写会が行われるのは、史上初です。

会場には非常に多くの観客や報道陣が詰めかけ、当時の三枝安茂市長もこんなに多くの人々が春日部の地に来たのは見たことがないとあいさつされたと言います。

なお、この年上映された作品は「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」と、初めて映画で春日部の名を冠したものとなりました。

内容は古い映画館で西部劇の世界に迷い込んだ、しんちゃんとその仲間たちから成るかすかべ防衛隊の友情を描いたものです。

しんちゃん効果で市名も存続?

また、これも以前書いたことではあるのですが改めて。

以前より近隣の町との合併を模索していた春日部市。住民投票の末、2005年に東隣の庄和町と合併することになりました。

その際、決めなければならないのが新しい市名。

「古利根市」などの新しい市名案も出ていた中で、春日部市という市名が新しい市の名前として存続することになりました。

やはりこれも、しんちゃんのおかげでその名が全国に広まったこともあるのでしょうね。

結果的に2005年の10月に合併が行われ、今に至ります。

 

スポンサーリンク

聖地に誕生!しんちゃんスポット

しんちゃんワールドなゲームセンター

その後はあまり大きな動きは見られませんでしたが、アニメの放送開始から15年を迎えた2007年11月には市内にこんなスポットが誕生しました。

それが以前もご紹介した「嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ」です!

春日部駅の西口に同年開業したショッピングセンター・ララガーデン春日部の一角にできたゲームセンターです。

その名の通り、しんちゃんの映画の世界を再現したゲームセンターで、映画作品に出てきたキャラクターやアイテム類で店内はいっぱいです。

また、サムネイルにもあるように施設の正面にはしんちゃん一家のモニュメントも。しんちゃんたちと記念撮影ができるスポットとして、ガイドブックにも載っているスポットですよ!

スポット紹介

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶブリブリシネマスタジオ

  • 住所:埼玉県春日部市南1-1-1 ララガーデン春日部3階

  • 電話:048-731-6711
  • 営業時間:10:00~20:00(16才未満の方は保護者同伴でも18時以降の入場は不可)
  • 定休日:無休
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事