おかげさまで1か月!今の正直な思い・・・

お世話になっております

いや~、われら、いや俺らの大宮アルディージャ、筑波大学相手にジャイアントキリング許さず!

天皇杯とはいえ、よくやったと思います。

俺がつくばを食ったのが効いたのかな?

 

何はともあれ、頑張れ!大宮アルディージャ!

 

おかげさまで当サイトは開設1か月

 

その裏で、皆様にお伝えしたいことがございます。

 

昨日9/20をもちまして、当サイトは8/20の開設から1か月を迎えることができました。

 

連続ドラマ小説のように、毎日更新してきた1か月。

なかなか皆様のお役にたてず、歯がゆい思いもしたことがありますが、最近はそこそこ皆様にも親しんでもらえているようで、本当にやりがいになっております。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

 

最悪の事態も覚悟しなければならないアルディージャ・・・

 

話は変わって、ここにいらしている方の7割近くは興味をお持ちであろう、大宮アルディージャについて欠かさせていこうと思います。

今日はネタの切れ目ほぼ1か月記念なので、雑記のようになってしまいますが、どうかご勘弁を・・・

 

ご存知のように26節を終えて、降格圏の17位に沈む俺らの誇りの大宮アルディージャ

3年前にJ2降格の憂き目にあっていますが、今年はそれ以上にやばいのではないかと個人的に大きな危機感を感じております。

 

 

今日こそ勝利を・・・、という場面で勝ち点を落としてしまい、結果的に散々な結果で終わってしまうという場面を今シーズンは多く目にしております。

まぁ、昨年がJ1で過去最高の5位という好成績を収めただけに、それだけ衝撃の幅が大きいのは否めません・・・

 


それでも、ツイッターでは世界的大スターポドルスキに完敗した際にも書きましたが、

やはり大宮のスポンサー企業に勤めたこともある自分としては、大宮のことを見捨てられないということを痛感しましたし、

大宮が試合結果でもクラブとしても強くなれるように、できる限り手助けしていきたいと思うようになりました。

 

自分にとって、大宮アルディージャは初めてプロの試合を見させてくれたクラブであり、自分と同じように豊かな地域社会の実現に向けて日々行動している主体でもあり、なにより就活時代にスポンサー企業に入りたいとモチベーションになった特別なクラブです。

 

それゆえ、自分としては、どれだけ弱いとしても、地域を代表する存在として、大宮アルディージャのことは見捨てたくないですし、逆に、「未来をともに」というクラブのビジョンの実現に寄与できるような存在になりたいと日々思っております。

 

 

だからこそ、たとえJ2、ひょっとしてJ3、JFLに戦いの場を移しても、簡単にアルディージャのことを見捨てたくないと思いますし、むしろ、いつの日か、それこそタイトルを獲れる日を信じて、クラブの歴史の1ページを共に創っていけるような存在になりたいと心から思います。

 

だからこそあの方々に伝えたい・・・!

 

スポンサーリンク

県政の中心浦和、経済の中心大宮

まぁ、詳しい統計とかとったことないから何とも言えないんですけど・・・

 

おそらく、このサイトを見ている方の中で大宮のお隣、浦和レッズのサポーターの方々は30%近くはいらっしゃると思います。

 

※うるっさくて申し訳ないんですが、さいたま市のキャラクタ―、つなが竜ヌゥです

 

 

本当に頭の毛の先から足の指の先までオレンジという方については、本当に申し訳にくいことではあるんですが、やはりそれはそれで当然だと思いますし、個人的にはそうであってほしいと心から思います。

 

 

新幹線が停まらないとか県庁がないとかで、さながら100年戦争の冷戦にある浦和と大宮。

 

マツコの番組なんかで取り上げられているように、同じ市内にありながらも、日々血みどろ?の争いを繰り広げているわけであります。

まぁ、武蔵浦和あたりに新幹線停まれば、そこまでとやかく言い争うことはないんだろうけど、やっぱ難しいんだろうね・・・。

 

 

じゃあ浦和サポーターは大宮が嫌いか?

 

 

 

てなわけで何が言いたいかというと・・・

それこそ、サッカーの大宮VS浦和の対戦、さいたまダービーでは、浦和側で大宮のこと「栗鼠はゴミ箱へ」なんて表示が出てくるのを知っている方もいらっしゃるとは思います

 

 

それはそれで結構ですが、

 

じゃあ

 

 

本当に浦和サポーターは大宮のことが嫌いか?

 

私の経験から言わせていただくと、大宮のことを嫌っている浦和サポーターはごくごく一部だと思います

 

 

個人の経験にはなってしまうのですが、少なくとも大宮サポーターだからってツイッターでブロックした浦和サポーターは一人もいなかったですし、逆にこちらが勝ったりすると、お褒めの言葉をいただくことも多々あります。

 

本当にありがとうございます。

 

 

私のツイッターのフォロワーを見ていても、当然ながら一番多いのは大宮サポータですが、その次に多いのは、これも当然ながら、浦和サポーターの方々だとおもいます。

距離も近いので、当然といえば当然です。

 

 

彼も人なり、我も人なり

 

実は、こうしたサイトを開設しようと思うにあたり、

同じ大宮サポーターの方々の間でも浦和サポーターに対してはどうするという意見がありました。

 

 

確かにその時は、マジでどうしようかとも思いましたが、ツイッターのアカウントを昨年の5月末に開設して、ちまちま更新していても、やはり、浦和サポーターの方々はあたたかく迎えいれてくださったお思いますし、大宮を応援している言動も見せてくれたりしていて、本当にうれしく、ありがたく思いました

本当にありがとうございます。

 

 

浦和レッズに比べると、俺らの大宮アルディージャはタイトルもとっていないし、万年J1での残留争いばかりで、お世辞にも浦和レッズの好敵手とは言い難いです。

 

 

それでも、だからといって浦和サポーターの方々が大宮はダメだと見捨てているところを見たことがございませんし、むしろ大宮がACLに出たら応援したいと、あたたかなお言葉をかけてくだっさています。

 

やはりそれは、同じ人間同士、強豪クラブを応援されているサポーターの方のご慈悲だと思いますし、そのご慈悲を無駄にしないよう、大宮サポーターとしても頑張らないといけないと強く思います。

むしろ、うちが天皇杯を勝ち上がって、浦和が敗退しているのを見て、なんだか悲しく思えているくらいです・・・

もう今年はダービーができないのかと・・・

 

 

実家の隣人は浦和サポーターです

 

私は実家が大宮の近辺にあって、現在は大宮駅の近くで一人暮らしをしているのですが、実家の隣人も大宮に住んでいるのに浦和サポーターです。

 

私と対照的に、浦和のサポーター企業にも勤めていましたし、車にも浦和のステッカーを張っているようなご家庭です。

 

だからといって、お互い憎しみ合ったりしないですし、

良き隣人同士として、サッカーの話はあまりしませんが、道で会ったらおはようございますと最低限の礼儀はかわしています。

 

 

やはり、土地の歴史上、なにかしらのプライドの対立があるのは、杉戸生まれ春日部育ちですが、それとなくわかってきます。

それでもお互いが憎しみ合っているのかと問われれば、そうではないと自信を持って言えます。

 

大宮と浦和、相乗効果を生んでいこう

自己語りばかりであれなんですけど、

 

やはりいつも親しくしてくださっている浦和サポーターの方々には感謝してもしきれないくらいですし、むしろうちがいけなかったACLの舞台でうちの分まで戦ってくれるよう、しっかり応援したいという次第でございます。

 

やはり、もともと大宮のスポンサー企業に勤めていた身分ですし、浦和か大宮とせまられたら、自分の人生の中で多くのことを教えてくれた大宮を選びたいです。

それはそれで死ぬまで変わりません。

 

それでも、浦和と大宮、近い場所に二つのクラブがあることで、お互いの悪いところ、そしていいところが際立つことがあるとは思うのです。

 

大宮も埼スタに比べると収容人数は低いですが、ピッチの間近で試合を見られますし、アクセスも良いので、やっぱり大宮と思うことが多々あります。

 

 

そんな風に、たしかにさいたまダービーなどでいがみ合うこともありますが、お互いの存在がそれぞれに相乗効果を与えていることも確かですし、何よりどちらも埼玉を構成する重要なファクターです。

これは大宮以外の場所にアルディージャのポスターを貼りに行って、強く感じたことであります。

 

 

やはり自分にとって、大宮は特別なクラブなので、浦和に鞍替えすることは難しいと思います。

それでも、ACLでアジアの頂点を目指している以上は精いっぱい応援したいですし、なにより大宮がこのような状況にいるからこそ、来季のJ1では、浦和ががんばってくれないと困ると思っている節もあります。

 

なので、リツイートや応援は難しいですが、最低限試合結果は気にすることができたらと思いますし、なにより同じ埼玉の一員として、お互いを認めていけたらと思います。

 

 

浦和レッズサポーターの皆様、いつも本当にありがとうございます。

これからも、大宮サポの方々含め、皆様のお役にたてるよう、そしてアルディージャがレッズを追いつき追い越せるよう応援頑張りますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

この投稿を見られて、なんだかなぁと思った方もいらっしゃるとはおもいます。

それはそれでご了承ください。

 

それでも、自分としては同じく埼玉を盛り上げてくれるパートナーに感謝の意を示したいと常日頃思っていたことではありますし、何より140字の縛りがない、このような場で表明できたことはとてもよかったと思います。

 

 

 

長くなりましたが、以上になります。

これからも皆様のお役にたてるよう、精いっぱい精進致しますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事