このエントリーをはてなブックマークに追加

梅だけじゃない越生町その2 越生梅林で梅まつり!しかし…

お世話になっております。

さあ、梅が有名な越生町の紹介、本日はその越生梅林をご紹介しようと思います!

 

 

越生でも梅まつり開催中!

自転車だと駅から15分くらい

前回ご紹介した里の駅・おごせを後にして、県道30号線を道なりへ進みます。

電動アシスト自転車だから、すいすい~

途中県道61号線が始まる三滝入口交差点がありますので、こちらで左折して県道61号線に乗り換えます。

そうして駅から自転車をこいでいくこと約15分、入口が見えてまいりました!

越辺川を超えるといよいよ越生梅林です!

 

入園料は300円

こちらが越生梅林の入口です。

自転車を停めて、さっそく入っていこうと思います!

私の姿が写りこんじゃっていますが、入園するには入園料がかかります。


スポンサーリンク

中学生以上が300円で、15名以上だと200円に割引になるとのことです。

さあ、いざ越生梅林へ!

 

来てよかった越生梅林

入り口横にはこんな石碑が。

昨日もちょろっと紹介した越生梅林の成り立ちと、昔の梅林の模様が出ていました。

佐佐木信綱も、越生梅林を訪れて、

 

入間川

高麗川こえて

都より

来しかひありき

梅園のさと

 

という短歌を残したようです。

そんなにいいところなんだな!

 

※満開とは限りません

先日2/17から梅まつりが始まった園内。

期間中は模擬店の出店や催し物の開催など、梅の花のごとく会場がにぎやかになるようです。

…が、肝心の梅はこんな状況

この冬は大宮でも大雪が降ったように、例年にないほどの大寒波が押し寄せた冬となりました。

そのため、梅林の梅についてもまだまだ満開とは程遠い状況で、大多数が硬いつぼみでおおわれていました。

こ、これじゃ大宮第2公園の梅まつりに行った方がよかったかなぁ…。

 

中にはぽつぽつ春の気配

そんな中、

ものによっては、まだまだ満開ではありませんが花をつけているものも見られました。

やはり梅の種類によって咲く時期や環境も異なるということなのでしょうかね。

かろうじて梅が見られたので、なんとか来た意味はあったかなという感じです。

 

 

梅に出し物に大盛り上がり!

梅林で出発進行!

そうして奥に進んでいくと

踏切?

あれかな、大荒田交通公園みたいにここで止まれってことかな?

 

しかし、すぐ横を見ると…


スポンサーリンク

お、まさかのSL!

しかもここのは本物ではなくミニSL!

そうなんです。こちらは梅まつりの時期の土日祝日に走るミニSL。

八高線を走っていた蒸気機関車がモデルになっているようですね。

3歳以上を対象に、1周200円で乗車できます。

さすがに大きなお友達が乗るわけにはいきませんが、疾走する姿がこちら!

ちょっと木がさびしいですが、満開の時期には乗ってみたくなりますね。

 

甘酒でいい気分

敷地の中ほどでは、町の観光協会が物販を行っています。

軽食や飲料、柚子を用いた町の名産品など、様々です。

また、この日は甘酒の無料配布も行っていました。

ラッキー!

こちらがその甘酒。

にわかに咲き始めた梅を眺めながらの一杯。

ああ、たまんねえ!

花を見ながら呑む甘酒は、最高です。

 

奥の方は割と咲いてるかも

入口側はあまり咲いていなかった梅も、

敷地の奥の方に行くと、咲いているものが多くなっているような気がします。

やっぱり品種?それとも日照時間の差?

その模様をツイッターでライブ中継しました。

どうです?きれいでしょう?

まあ、動画内でも話してはいたのですが、来月になれば梅の花ももっと盛り上がってくるとは思いますね…。

逆に今の状況を伝えておくことで、見頃はこれからということにもなりますし、後日この投稿をご覧になられた方が現地に行かれた際には満開になっていると信じるばかりです。

 

展望台から梅林を一望

さらにはこんなものも。

お、展望台か。

登ってみようかな。

展望台から梅林を一望した模様がこちらです。

満開になったら、梅林中がピンクに染まることでしょうね!

 

それにしても、梅林の周囲は山々が囲んでいて、本当に自然あふれる場所に来たのだなと痛感しました。

こっちの方住んでるとなかなか見ないからね。


スポンサーリンク

まつりを盛り上げるステージ

また、前述した観光協会の売店横にはステージがあり、梅祭りを盛り上げるべく土日祝日には出し物が行われています。

この日は獅子舞が行われていました。

ぺたんと座り込んでしまった獅子舞くん、いったい何があったのだ!?

これ以外にも週ごとに様々な出し物が行われるようですので、ぜひイベントの案内ページもチェックしてみてください。

 

うめりんちゃんもやってきた

他にも、敷地の奥には模擬店が多数出店。

町の婦人会も出店していました。

町の特産品である柚子を用いた柚子粉にとうがらし。

パウダー状なら料理にもさっと入れられそうですね。

さらに会場には、町のゆるキャラ「うめりん」も遊びに来ていました。

お目目がパッチリしてますね。

多くの方が一緒に写真を撮られていました。

ちょっと梅がまだまだでしたが、時間がたつにつれて徐々に咲いていくことでしょうし、皆さんが向かわれる頃には満開になっていることでしょう。

開花状況は町の観光ナビにもアップされていますので、そちらもご参照ください。

 

 

さて、梅も見たことだし、ここからは梅以外の越生の見どころを掘り起こしていくとしようか!

梅を見ながら飲む甘酒のうめーこと、なんちてー

 

つづく

 

 

イベント紹介

越生梅林梅まつり

  • 日時:2018/2/17~3/21
  • 場所:越生梅林  埼玉県入間郡越生町堂山113
  • 入園料:300円(中学生以上)
  • 駐車料:普通車500円、マイクロバス800円、大型バス1200円
  • 電話番号:049-292-6783(越生町観光協会につながります)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ
  • にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ