お世話になっております

案の定日付またいじゃったね・・・

 

仕事がお休みだった昨日、こんなイベントに参加してきました

 

 

意識低いのにセミナーに参加したった

スポンサーリンク

ミネラルウォーター片手に自己啓発本なんて読めないよ…

自分で言うのもアレですが、私はめちゃくちゃ意識低い系です

意識高い系の人がクリスタルカイザー片手に自己啓発本とか読んでると、何やってんだなーんて思っちゃうタイプです。

 

そんな私でも、こんなサイトをやってるので、そりゃあ地域に関するセミナーだったら出てみたいなと思っておりました

するとこんなイベントが

スポンサーリンク

池袋で埼玉について考える

ちょうど会社で休みを取った昨日、こんなイベントが開催されるということを知りました。

 

その名も「逆襲の埼玉 ~埼玉都民の帰還~

これは共助コーディネーター養成講座実行委員会が主催する交流会。

ゲストが提供した埼玉に関する話題に対し、参加者同士で意見交換をします。

 

でもって今回のネタが、ズバリ埼玉都民

 

地元愛が薄いと言われる埼玉都民。

外から見た埼玉や地域の魅力についてゲストに話題提供をしていただき、これから帰りたくなる埼玉、自身が活躍したい地元にするにはどうすればいいのか、参加者同士でアイディアを出し合うものです。

 

開催場所は、埼玉!

ではなく埼玉の植民地池袋

埼玉ではなく、埼玉都民が多くいる池袋で実施。

だが、それがいい。

スポンサーリンク

豪華ゲストが2人も!

そして今回のゲストはこちらのおふたり。

一人目が、地域ブランド総合研究所代表取締役の田中章雄氏。

毎年、各地域の地域ブランド調査が行われていますが、あの主催元のお偉いさんです!

どひぇ~

 

そして二人目が、ノンフィクションライターの谷村昌平氏

主な著書に、イベントのタイトルにもなっている、「埼玉の逆襲ー笑う地域活性化本」があります

私も読みましたよ!

 

こりゃ行かないとな~、と思って速攻参加ボタンをポチりました

 

埼玉都民の聖地、池袋へ

駅近の会議室が会場

そんなわけで、会場になる池袋へ

エイプリルフールにこの西武百貨店がセブンイレブン装飾になったのにはビビったなぁ

 

駅からほど近い会議室が会場です

なんかこういうところ行くと、引き締まった気分になるよなぁ

地域デビューを応援中

会場ではいろいろ資料をいただきました

その中でこんなものが

こちらのイベントは埼玉県の共助社会づくり課が協賛

同課では、主にシニアの方々の地域デビューを推進しています。

地域のために何かしたいというシニアの方々を全面的にバックアップということで、こんな地域デビュー楽しみ隊なんて組織もあります

俺も入れないものカナァ

 

また、女性の方向けにこんな組織も!

その名もちいきデビューひっぱりガールズ

もしも地域のために何かしたいという淑女の方がいらっしゃれば、検討してみては?

 

少子高齢化でこれから苦しくなる埼玉

そしてイベント開始

司会を務められるのは、委員会のおひとり、埼玉情報センターの生越様です。

 

そして、県共助社会づくり課の内田様からもご挨拶

今まではベットタウン化で人口も増えてきた埼玉ですが、これからは少子高齢化で深刻な人口減少が見込まれます。

だからこそ今、埼玉を盛り上げる動きを活発化させ、より魅力があり豊かな埼玉を作っていけるよう舵を切っていかないといけないと話されていました。

 

最新の地域ブランド調査から見えてくる埼玉の愛着度

地域ブランド総合研究所の代表が地域ブランド調査を生解説!

そしていよいよゲスト講演

まずはブランド総合研究所の田中代表による講演です

テーマは「地元愛着度ワースト1埼玉の”なぜ”」

 

先日10日に発表になった地域ブランド調査の最新の結果をもとに、埼玉県民の自県への愛着度などを紐解いていきます。

埼玉の魅力度は全国44位

まず最初に、埼玉の魅力度

昨年39位と埼玉にしては健闘したランキングでしたが、今年は44位と大きく順位を落としました・・・

特に「とても魅力的」と答えた人が前年よりも0.3%も落ちたことが大きな原因なようです。

評価ポイント自体は上がっているのに・・・

他がそれ以上に上がっているということですかね

 

 

観光意欲は上昇中

そして観光意欲は、順位こそ前年と変わらないものの、数値では2年連続で上昇しています

「ぜひ行ってみたい」と「機会があれば」と答えた人の割合が4割以上で、日本人の5人に2人が埼玉に行ってみたいと思っていることがわかります。

 

 

スポーツや交通面では高評価!

 

一体そんな埼玉のどこに惹かれるんだ?

それがわかるのがこちらのデータ

てか、群馬になってる

御覧のように、交通面とスポーツ観戦のしやすさでこう評価を受けているんですよ!

そりゃ東京から30分圏内だし、大宮アルディージャはじめプロスポーツチームもたくさんあるからね!

当然っちゃ当然です

 

逆に食事や伝統芸能、宿泊施設などは評価が低いのが気がかりです

耳が痛い・・・

 

そして、埼玉県民の愛着度

そして埼玉県民・出身者の地元愛着度のランキングでは・・・

なんと前年43位から最下位に転落

 

6割近くが愛着を感じているものの、それでも全国レベルでは低いようですね

やっぱりこれが課題なんだろうなぁ

 

 

それでも居住意欲は高い

しかし暗い中でも明るいデータが

それは埼玉への居住意欲!

全国11位と、ベスト10入りも間近です

 

やっぱり東京の隣で生活コストもそこまで高くないのが評価されてるんですかね!

 

さらに、回答者の居住地・年代で見た、埼玉への評価がこちら

他の都道府県では年齢が高くなるにしたがって評価も高くなりますが、埼玉の場合は20代であっても主に居住意欲ではありますが、評価が高いのがひとつの特徴と言えるようです。

 

このように魅力度や愛着度はお世辞にも高いとは言えないのに、住みたいとは言われる埼玉

果たしてどうすれば魅力が上がるのだ・・・

 

埼玉の逆襲の著者から見た埼玉県民像

続けて埼玉の逆襲の著者、谷村氏が御登壇。

埼玉研究家としてテレビ出演も多い同氏。

「魅力はなくても地元好き?埼玉的幸福論」というテーマで講演をされました。

すぐに自虐しちゃう埼玉県民

埼玉の川を挟んでお隣、東京の清瀬で生まれ育った同氏。

古くから埼玉県に親しんできたようですが、そんな同氏曰く、埼玉県民は何もないといわれると自虐をしてしまうのが一つの特徴のようです。

他の県の人は、そういうことを言われると必死で反論しますが、埼玉の人は争いを好まない県民性なのか、逆に自虐してしまうということです。

まあ、それも個性だけど、さぁ・・・

なんか反論しようよ!

だから俺だってこんな糞みたいなサイト始めたんだからさぁ!

 

逆にそういう気質だからこそ、どの分野でも活躍できるジェネラリストが生み出されているとも同氏

まあ穏便にやっていけるのは大事だからね

 

 

埼玉県民なのに、埼玉のことを知らない?

 

逆に埼玉県民同士でもお互いのことを知り合っていないとも

鳩ケ谷の人が鳩山町の人と会っても、いまいちピンとこないということで、どうも自分たちの歴史やその土地について、掘り起しができていないということです。

まあ確かに、俺もたとえば川島町と言われても何も答えられないもんなぁ

川島町の皆さん、本当にゴメンナサイ!

 

 

 

それでも古代の埼玉は東京や千葉よりも偉かった

そんな現状で、東京と比べられて痛い思いをすることが多い埼玉ですが、それでも東京や千葉には古墳がないのに埼玉には古墳があるという事実。

つまり、古代では埼玉の方が偉かったということです。

 

今ではベッドタウンにもなっている埼玉は、いうなれば東京の母

ダ埼玉なんて言われる筋合いはないというのが同氏の持論です。

そうだそうだ!

埼玉ならではの体験をインバウンドに!

埼玉に限らず、日本の多くの地域で課題となっているインバウンド

埼玉には東京にはない自然も多いし、川越や秩父など観光地としての地位を確立しつつある場所もある

だからこそ、そうした資源を生かして、東京ではできない日本文化へのふれあいの機会を設けてあげることが一つの選択肢になりえるということです。

 

それこそ茶摘みであったりうどんつくりであったりと、豊富な埼玉の資源を生かして日本文化の体験の機会を多く作ることができるのではないか、ということです

確かになぁ

みんなで埼玉の魅力アップを考える

そこそこ住みやすいのになんで愛着がわかないんだ?

ゲスト講演の後は、会場の皆様で、なぜ埼玉の愛着度が低いのか、埼玉の愛着度を上げるにはどうすればいいか、ワークショップで話し合いました。

 

6つほどのテーブルで、各テーブルで出た意見を発表する形でした。

なぜ埼玉県民の愛着度が低いのかというテーマについては、やはり東京の近くにあるということ、そしてあくまでベッドタウンとしての位置づけで、自分たちの生活にそこそこ満足しているため、なかなか地域を盛り上げよう、地域を知ろうという考えが浮かんでこないし、それに伴う地域の連帯感が生まれて来ないのではないかという意見がありました。

また、横の交通手段が弱い埼玉では高崎線沿線や東上線沿線など路線で地域色が決まってしまうこと、さらには香川のうどんや静岡のお茶のように、埼玉全体でこれというものがないことも指摘に上がっていました。

たしかにこっちの方に住んでると、西武線沿線の所沢のことなんて気にしないもんなぁ・・・

こんなサイトをやってる自分としてもそれはダメだと思いますし、大宮以外の埼玉などの企画でできる限り他の埼玉の地域の話題も取り上げていかないとも強く感じました。

 

 

じゃどうやったら愛着わくんだ?

それではどうやったら愛着がわくのかということも併せて議論しました

わたしもいろいろと提案したりしたんですけど、やっぱり地域の人々が一体になって何かをやること、それこそサッカーの応援だったりお祭りだったり、さいたまトリエンナーレのような芸術祭だったり、そういうきっかけがあればちょっとはちがってくるのかなとも思いました。

さすがに埼玉の祭りで神輿担ぐから休みまーすなんて人はいないし・・・

スポンサーリンク

その切り口の一つとして、それこそアルディージャのようなスポーツも十分にありとブランド総合研究所の田中代表からもお言葉をいただきました

互助会だったりかっちりしたものではなく、なにか地域の人々が集まってイベントなどをやれるようなシステムが増えてくればみんな気軽に参加してくれるのではないかなんて声もありましたね。

それこそ、きてみな祭みたいにね。

 

他にも色々な意見が出て、とても有意義な時間でした

皆様本当にありがとうございます!

 

 

終了後には名刺ではなくアレをばらまく

白熱した議論の後、盛大にイベントは終了

皆様お疲れ様でした!

 

こういうイベントだと、終了後に皆さんで名刺交換するじゃないですか~

私こういうものです、なーんて名刺差し出したら、かっこいいよね!

 

でも、俺にはまだ名刺のようなものはない・・・

本業の名刺渡すわけにもいかんしどうしよう・・・

 

てなわけでこれを会場にばらまいてきました

今朝のチラシ配布大作戦で余ったチラシを譲り受けました

アルディージャ応援してくださ~いって会場の皆さんに渡してきましたよ!

 

・・・次こういうイベントに参加する前に、このサイトの紹介カードを作ることにします

やっぱりそういうことはおろそかにしちゃいかんな

 

自分もこれからはこういう場所に首を突っ込む機会が多くなることでしょうが、自分と同じように、いやそれ以上に埼玉のことを思い、魅力を上げようとたくさん努力している人は多いということに気づかされました

俺も負けていられないな

 

長くなりましたが、以上です

参加された皆様、本当にありがとうございました!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事