このエントリーをはてなブックマークに追加

極上の空間で極上の朝食 ドトール珈琲農園大宮駅東口店

御無沙汰しております。

本当は一昨日書いて昨日アップの予定でしたが、なぜか一昨日PCがネットにつながらなくなってしまったため、1日持ち越してしまいました。

そろそろ寿命かな…。

さて、本日は新店舗のご紹介です!

 

らしくないお店シリーズ

例の餃子屋の衝撃

以前このお店を取り上げたことを、皆さんは覚えていらっしゃいますでしょうか?

これです。

…これ覚えていたら、なかなかの通ですよ。

 

女性客へアプローチ

以前もご紹介したGYOZA OHSHO大宮西口店です。

女性一人でも入りやすいということで、このような佇まいとなりました。

知らなかった、もしくは忘れてたという人は、こちらからどうぞ。


スポンサーリンク

 

今度はらしくないあのお店

まあ、王将に比べればこれもアリなのかなという感じはありますが、またも大宮に普通のお店とちょっと違うチェーン店がオープンいたしました。

それが、先週4/9に堂々オープンした、ドトール珈琲農園大宮駅東口店です!

 

ようこそ邸宅へ

農園は駅のすぐそば

大宮駅東口ということで、東口にやってまいりました。

大宮ラクーンやオーダースーツSADAがある大宮東口銀座通りを行きます。

日中は人通りが多いのですが、朝方はそこまで人通りも多くない印象ですね。

歩いて20秒ほどで、そのお店はドドンと見えてきます!

ドコモ光ではないけど、ドトールってカタカナで書くとなんだかアレですよね…。

 

上質な空間で心ゆくまで

その名の通り、大手カフェチェーンのドトールコーヒーが展開しているこちらのお店。

お店のHPによると、コンセプトは以下の通り。

“Welcome to the Farm!”
珈琲農園主の邸宅に招かれたような上質な空間で、心ゆくまで珈琲の味わいを愉しむ。
そんな空間を目指して、ドトール珈琲農園はうまれました。

「おいしいコーヒー」を追求し続けて、ドトールコーヒーショップは37年が経ちました。
生豆、焙煎、ブレンディングの技術に至るまで、その挑戦は今も続いています。
ドトール珈琲農園では、そんなコーヒーにかける想いの一端を形にしました。
スペシャルティ豆を使用したハイクラスのブレンドをご用意してお客様をお迎えいたします。

すべてはお客様にとっての“最高の一杯”となるために。

やはり予想通り高級路線だったか。

格差社会が叫ばれて久しいが、こんなところにも二極化の波が来てしまったのだなぁ、うんうん。

なお、都内では3店舗出店していますが、埼玉県内では初出店となります。

 

お得なモーニングでお高めコーヒーを

コーヒーも普通のお店とは異なり、豆本来の味わいを大切にしたちょっとお高めのブレンドコーヒーを提供しているようです。

1杯450円からなので、我々パンピーであっても、ちょっと贅沢すれば手が届く範囲ではないかと。

がしかし、こうすればますますお得に。

例のごとく、モーニングです。

7:30~11:00の間提供しているモーニングセットでは、600円でコーヒーか紅茶、さらにサンドイッチといった軽食がついてきます。

早起きしなくちゃいけませんけど、これならお得ですね!

 

階段からあふれる高級感

では、建物の2階にあるお店に入っていきましょう。

御覧のように手すりは金色、木目の階段に煉瓦積みの壁。

お店に入る前から、何ともすさまじい高級感を醸しているではありませんか。

モーニング食べるだけなのに、自分にはちょっと仰々しいくらいかな…。

 

 

まるでホテルのカフェ

いつか座りたいソファ席

そして2階のお店に入ると

すぐ目に入るのが、このソファ席。

もはやカフェではなく、高級レストランのような佇まいですね!

俺も座ってみたい!


スポンサーリンク

が、パンピーはお呼びでないということなのか、普通の席に案内されました。

ちぇ…。

 

気分はリゾートホテル!

それでも、この石畳の床に漆喰の壁、そしてピーチウッドの什器類。

昔家族で行ったフィリピンやマレーシアのホテルのレストランを思い出します。

このトロピカンな感じ、朝から気分上々だね。

 

お会計にはアレを出す

こちらがモーニングのメニュー表。

サーモンタルタルとたまごサンドにホットコーヒーを注文します。

ちなみに一般的なお店だと、お店を出るときに伝票を店員さんに差し出すことが多いのですが、こちらのお店ではこのチェスの駒を差し出します。

これで注文内容って、わかっちゃうんだね!

 

 

深みあふれるコーヒー

早起きした甲斐ある逸品

こちらが注文のコーヒーとサーモンタルタルサンドです。

コーヒーの種類を聞くのを失念してしまいましたが、インスタントでは味わうことのできない、豆本来の香りを感じ取ることができます。

味の方も、苦過ぎるということはなく、からっとした飲んでいてすっきりする味わいです。

これで伝わるかな…。


スポンサーリンク

道産サーモンが至高!

そして、サンドの方もいただくことにします。

このサンドに用いているサーモンは、北海道で獲れた鮭を用いているとのこと。

コーヒー豆はブラジルやコロンビアなどから輸入しているのに、さすが純国産のチェーン店。そこは道産にこだわるということですね。

タルタルとは銘打ってはいますが、どちらかというとサーモンの風味が強い印象はしましたね。

まあ、これはこれでいいのかなと思いますが…。

完食!

さあ、今日も元気に行ってきます!

 

モーニング以外も充実!

最後に補足にはなりますが、

モーニング以外にも、オムライスやハンバーグなど、ランチやディナーメニューも充実しているようです。

ちょっと見づらいのですがメニュー表。

またアルコールを提供するカフェが増えた…。

以上、大宮駅東口にオープンしたドトール珈琲農園のご紹介でした。

ぜひ、ドトールらしからぬドトールで、極上の1杯を!

 

現場からは以上です!

 

 

お店紹介

ドトール珈琲農園大宮駅東口店

  • 住所:埼玉県さいたま市大宮区大門町1-94 やすなビル2F
  • 電話番号:048-643-2665
  • 営業時間:7:30~22:00(L.O.21:30)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ
  • にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ