今日も応援お疲れ様でした。

熱い試合を振り返っていきましょう!

 

落とせる試合は一つもなし

スポンサーリンク

昇格争いのライバルに敗北…

J2リーグも残すところあとわずか。

劇的な勝利に終わったホーム町田戦以降、甲府(●0-1)・讃岐(◯2-0)・福岡(●1-3)と3試合アウェイでの試合が続いた大宮アルディージャ。

特に前節の福岡戦は、同じく昇格戦線に絡んでいるアビスパ福岡との対戦でしたが、試合開始直後に城後選手のシュートで被弾、途中大前元紀選手の今シーズン21ゴールで追いつくも、立て続けに被弾。

終わってみれば1-3で、昇格争いのライバル相手に土をつけることはできませんでした…。

 

スポンサーリンク

帰ってくるぞ、俺らのNACK!

自動昇格圏の2位との勝ち点差は6、順位はプレーオフ圏外の7位に転落し、厳しい状況に追い込まれた大宮。

しかし、立ち止まっている暇はない。

今節は約1ヶ月半ぶりに聖地・NACK5スタジアム大宮に戻ってのホームゲーム。

水戸ホーリーホックを迎えます。

苦しい状況ではありますが、大前選手が前々節の讃岐戦で20ゴールをマークするなど明るい話題があったことも事実。

聖地のホームゲームで、一つになって浮上のきっかけをつかもう!

 

1ヶ月半ぶりの聖地NACK

スポンサーリンク

ホームゲームは負けられない

10月にしては少し日差しが強いですが、1ヶ月半ぶりのNACK5スタジアム大宮へ。

1ゲートにも「ここは俺たちの聖地 絶対に負けられない」の横断幕。

ここ最近はアウェイゲームで勝ち点3を失う展開が多かったのですが、今日は久々の聖地NACK5スタジアム大宮でのホームゲーム。負けるわけにはいかない。

今日もゴール裏に着弾。熊谷もいいけど、やっぱりこの光景だよね!

 

決起集会で気合い注入!

リーグ全体では残り7試合、そのうちホームゲームは残り4試合。

そんな終盤戦に向けて気合いを入れるべく、試合前にORANGER主催の決起集会が開催されました!

いつもならWエリアのイベント広場で実施するところですが、今日は1ゲート横のスペースへ。

絶対に勝って帰りましょう!

 

家族に優しいNewシエンタ

そして本日のマッチプレゼンターは、クラブスポンサーの埼玉トヨペット。

埼玉県内に展開している、トヨタ系列の販売店です。

スタジアム外には今イチオシの新しくなったシエンタが登場。

2列シート車も出て安全装置もバッチリ、家族に優しいあのシエンタだな!

よくNACK5でCM聴いてるから、噂には聞いてるぞ。

しかし、トヨタ系列の販売店もカローラやネッツなど色々ありますが、これらを統合するという話も出ているようなので、来年以降は埼玉トヨペットではなくなっているのかもしれないですね。

 

聖地でつかめ、勝ち点3

古巣相手に魅せろよ笠原昴史

試合2時間前に本日のスタメン発表。

FWに富山貴光選手が復帰、さらにGKも古巣対戦となる笠原昴史選手が復帰しました!

古巣相手にさぞかし燃えているであろう笠原選手。

山口戦では手痛い失点を喫してしまいましたが、あの時の悔しさを晴らすセーブで勝利を手繰り寄せてくれ!

…そして、やたらと笠原選手のチャントに反応してくださった、水戸のサポーターの皆様。

今日も旗持った?

ゴールキーパーに続けて、フィールドプレイヤーもアップ開始。

本日も小旗で試合に臨む選手たちを後押しします。

落とせる試合は一つもない。残り7試合全勝できるよう、最大限の力をピッチで発揮してくれ!

なお、相手のスタメンには昨年まで大宮に在籍していた松井謙弥選手の名があり、スタメン発表では大宮サイドからも拍手が上がりました。

逆に、笠原選手の名が呼ばれると、向こうからはブーイングの嵐…

 

ドリブルで沸かせるジョーカーが大活躍

波状攻撃で痛恨の失点

そして小旗で選手を迎え、前半キックオフ!

残り7試合全勝が必須ということで、序盤から攻勢に出る大宮。

開始直後には茨田選手のシュートがクロスバーを叩くシーンもありました。


しかし、徐々に流れは水戸に。高い位置でボールを奪われ、水際で防ぐという展開が続きます。

すると17分に試合が動きます。

駆け上がった水戸・伊藤選手のシュートを一旦は笠原選手が弾き出すも、こぼれ球を同じく走り込んだバイアーノ選手に詰め込まれて失点。

大宮が1点を追いかける苦しい展開となりました…。

 

セットプレーから待望の同点弾!

しかし、連敗だけはしまいと火がついた大宮。

ドリブルで駆け上がるマテウス選手を起点に、相手陣内に攻め上がる機会が増えてきました。前半のうちになんとか追いつけるか?

すると45分にその姿勢が実を結んだ!

直前のフリーキックを松井選手に掻き出されて掴んだコーナーキック。

大山選手のキックをフリーのマテウス選手がヘディングで押し込み、前半終了間際に追いつきます。

これは大きい!

その後前半アディショナルタイムにペナルティエリア付近でフリーキックを獲得するも、大前選手が蹴ったボールはわずかにゴール上に逸れ、追加点とはならず、試合を1-1で折り返します。

 

止められないジョーカー・マテウス

そして、ハーフタイムを挟み後半がキックオフ。

うまく相手の背後を突こうとということで、マテウス選手のドリブルが一段と光るシーンが多々見られました。


そして57分、待望の逆転弾!

決めたのはやはりマテウス選手。相手陣内でパスミスを奪い、そのまま駆け上がってペナルティエリアに入ったところから豪快にミドルシュート。

これが決まり、ついに逆転に成功しました!

しかし、まだ1点差。いつ逆転されるかわからないので、トドメの一撃で試合を決めて欲しいですね。

 

得点王はゴールならず

その後はお互いにチャンスを探り合うオープンな展開に。

1失点こそ喫してしまったものの、着実に勝ち切らんすべく笠原選手の好セーブも光りました。

また、シーズン21点目を決めて得点王の座を守る大前選手も、72分に笠原選手のフィードに飛び込んでシュートを打ちましたが、ゴール右にわずかに外れゴールならず。これは決めて欲しかったかなぁ。

途中選手交代はありましたが、追加点を上げるまでには至りませんでした。

 

J1復帰へまずはホームで1勝!

第一関門はクリア!

そのままスコアは動かず、2-1で大宮が逆転勝利を収めました!

残り7試合全勝が必須の中で、まずは第一関門突破というところでしょうか。

少々長いですが、マテウス選手のヒーローインタビューと寝ても大宮の模様。

あと6試合、まだまだやれると期待を抱かせてくれるような言葉も聞かれました。

プレッシャーが大きいかもしれませんが、着実に勝っていこう!

 

出てこい次なるジョーカー

失点こそしてしまいましたが、今日の勝利はマテウス選手の大活躍があってこそ。

度胆を抜くようなドリブルで毎回我々サポーターを沸かせてくれるマテウス選手、今日は特にそのドリブルに磨きがかかっていたと思います。

今日の試合以外にも、動じないドリブルで果敢に相手陣内に攻め込み、多くのチャンスを演出してきてくれました。

しかし、怖いのが次節以降相手に対策されてしまいかねないということ。

起点になってくれるマテウス選手が封じられてしまえば、たちまち勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

全員がそうなるというのは難しいですが、マテウス選手の躍動に奮起して、次は俺がジョーカーになるという選手が一人でも多く出てきて欲しいと願うばかりです。いい意味でチームに競争が生まれてくれれば、それに越したことはないかと。

 

以上、簡単ではありましたが試合レポートでした。

今日もお疲れ様でしたっ!

 

試合ハイライト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事