こんばんは。

波乱のJ2リーグ最終戦から一夜明けた本日、聖地NACK5スタジアム大宮で待ちに待ったイベントが開催されました!

 

J1復帰へ超えるぞ最後の試練

スポンサーリンク

不利をはねのけての貴重な勝利

昨日11/17、42試合にも及んだJ2リーグの最終戦が各地で行われました。

ホーム最終戦をその前の試合で終えた大宮アルディージャは、ファジアーノ岡山とアウェイ・シティライトスタジアムで対戦しました。

決定機をなんども作るも0-0で折り返した後半の51分、出場停止のマテウス選手に変わってスタメン入りした嶋田慎太郎選手が、この日2枚目の警告を受けて退場処分。

10人での戦いを余儀なくされた大宮でしたが、67分にフリーキックから酒井宣福選手が合わせたボールの跳ね返りを、菊地光将選手が頭で合わせて大宮が先制!

そのまま試合は終了し、最終戦で1-0の完封勝利を挙げました。

 

スポンサーリンク

追い上げでプレーオフ進出決定!

順位 チーム名 勝点 試合数 勝数 引分数 敗数 得点 失点 得失点差
1 松本山雅FC 77 42 21 14 7 54 34 20
2 大分トリニータ 76 42 23 7 12 76 51 25
3 横浜FC 76 42 21 13 8 63 44 19
4 FC町田ゼルビア 76 42 21 13 8 62 44 18
5 大宮アルディージャ 71 42 21 8 13 65 48 17
6 東京ヴェルディ 71 42 19 14 9 56 41 15
7 アビスパ福岡 70 42 19 13 10 58 42 16
8 レノファ山口FC 61 42 16 13 13 63 64 -1

他会場では福岡が岐阜と引き分け、さらに東京ヴェルディも町田に引き分けと、プレーオフ圏内の6位以上を目指すチームがいずれも引き分けたため、最終順位で大宮は5位に浮上。

J1参入プレーオフへの切符を掴むことができました!

 

スポンサーリンク

大宮から得点王誕生!

当初目標としていたJ2優勝こそ逃す結果となってはしまいました。

しかし、これではトップ。

10番の大前元紀選手がリーグ通算24得点をあげ、今年のJ2リーグの得点王の座を射止めました!

一時はどうなることかという感じでしたが、彼の活躍無くしてここまで這い上がってくることはできませんでした。

改めて、本当におめでとうございます。

 

そんなリーグ最終戦から一夜が明けた本日、聖地NACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャファンフェスティバル2018が開催されました!

 

朗らかな雰囲気でのファンフェス

プレーオフ参戦確定!

会場のNACK5スタジアム大宮に行く前に立ち寄ったのが、氷川参道脇のクラブショップ「オレンジスクエア」。

長蛇の列ができていますが、お目当ては来週11/25にNACK5スタジアム大宮で開催される、プレーオフ1回戦・6位東京ヴェルディ戦のチケット。

勝ち点は並ぶも得失点差で大宮が順位を上回ったため、ホーム開催のアドバンテージを得ました。

その後、この1回戦の勝者(大宮の場合は引き分けも可)が翌々週12/2の2回戦で3位横浜FCと対戦します。

※4位の町田はJ1ライセンスがないためプレーオフに参加できません

さらにその2回戦の勝者が12/8にJ1の16位のチームと対戦して、勝利した場合のみJ1昇格が認められるという流れです。

30分ほど並びましたが、無事にチケットゲット。

厳しい戦いになるけど、何としても勝ち上がってJ1へ復帰するぞ!

 

スタジアムでも長蛇の列

そして今回のファンフェス会場のNACK5スタジアム大宮へ到着。

…なんですが、スタジアムへ入ったところにも長蛇の列。

はたまたこの先に何があるというのだろう?

すると並んだ先に見えてきたのが、肉汁うどん。

このイベントのスポンサーを務められる蓮田市の製麺所・翁の郷による無料試食コーナーです。

来年春に発売するという肉汁うどんを限定1000食振舞っています。

そしてうどんの受け渡しにはトップチームから大山啓輔選手とマテウス選手も参加。

昨日までの激闘から解放され、ホッとした表情が読み取れます。

 

彩の国ブランドの肉うどん

こちらがその肉汁うどん。

埼玉県産の小麦を使用したコシのある乾麺で、肉のうまみたっぷりに仕上げた埼玉名物の肉汁つゆもセットになっています。

実際ツルツルしていてとても美味しかったのですが、このうどんは先日もご紹介した彩の国優良ブランドにも認定されているのだそうです。

そちらも合わせておめでとうございます!

 

ここでしか聞けないぶっちゃけトーク

うどんの試食を始め、多数の選手参加型のイベントが開催されているスタジアム内。

シモヴィッチ選手も、鉄道員姿できてくれています。

そのうちの一つ、選手とサイコロdeトークにお邪魔しました。

普段はアウェイチームの室内練習場となっている北側スタンドの1階での開催です。

酒井選手と高山和真選手がそれぞれサイコロをふって、出た目に合わせた内容でトークを展開されていました。いわゆるあの番組流ですね。

途中グッズがもらえるじゃんけん大会も開催されました。

あいこが続いたりしてなかなか決着がつかなかったのですが、サポーターの皆様はもちろん、選手の皆様もとても楽しそうな表情を浮かべていました。

 

りくくんに心臓移植を!

同じくアウェイスタンドでは、りくくんを救う会による募金活動も行われました。

サッカーが大好きというさいたま市在住の2歳児・りくくん。

昨年11月に自宅でけいれんを起こしたために小児科を受診したところ、診察中に心停止を発症。

大学病院での診断によると、特発性拡張型心筋症と心室中隔解離をいう重い心臓病を患っており、心臓移植でしか治療の道がないということでした。

アメリカで行う心臓移植には1億6500万円もの費用がかかるといいます。

この費用を集めるため、りくくんのご両親が中心となって立ち上げた「りくくんを救う会」が大宮を始め県内各地で募金活動を行なっています。

スタジアムでも茨田陽生選手らが応援に駆けつけてくれました。

 

皆様からもご協力を!

りくくん救う会

現時点では1億円ほどが集まっていますが、まだまだ十分とは言えません。

私もささやかながら協力させていただきましたが、どうか皆様もご協力お願いします!

スポンサーリンク

アスリートの意地!アルリンピック

そしてピッチでは選手たちによるアルリンピックが開催!

A~C、そしてコーチスタッフ陣によるDチームにそれぞれ分かれ、様々な競技にトライします。

そのうちの一つ、ムカデリレーの模様を撮ってみました。

サッカーと同様チームプレーが求められる競技なのですが…、もう少しのところで転んでしまったCチームに、そんなCチームをよそにしれっと先着するコーチ陣チーム。

サッカーもそうだけど、チームプレーとは難しいものです。

この後もう一回行い、ムカデリレー競技は終了。

次の競技である障害物競走に移行しました。

 

時間の関係でここで離脱しちゃいましたが、いよいよ来週から始まるプレーオフ。

何としても3連勝を飾ってJ1復帰を成し遂げてほしいものです。

頑張れ、大宮!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事