【アルディージャ試合レポート】J2第29節 大宮vs新潟 戻るのは俺たち!譲れないオレンジダービー

今日もお疲れ様でした。

それでは、本日の試合を振り返っていきましょう!

 

勝ったり負けたりの後半戦

スポンサーリンク

白黒交互の星取表

前回の試合レポートは、7月のホーム松本戦だったか。試合自体は、一人少ない首位松本相手に1-2の逆転負けを喫した試合内容でしたね。

そこからは1週間ほど私事で試合に参加できなかったのですが、ここ4試合の試合結果を見ていると

  • 第25節松本戦 ●
  • 第26節熊本戦 ○
  • 第27節東京V戦  ●
  • 第28節愛媛戦 ○

と、綺麗に白黒交互になってるんですよねぇ。

徳島戦・松本戦と連敗こそしてしまいましたが、勝利の試合もあり勝ったり負けたりという状況です。

自動昇格に向けてはこれ以上の負けは許されないので、そろそろ連勝してくれないと困るところですが。

 

スポンサーリンク

ノリに乗ってるあの男!

そんなやや停滞気味のチームにとって、うれしい話題が。

逆転で5-1と大勝を収めた前節のアウェイ愛媛戦。

この試合で、エース大前元紀選手がハットトリックを達成しました!

これで自身キャリアハイのシーズン19点目と、リーグで見てもぶっちぎりの得点王の座を維持しています。

 

彼というジョーカーは、連勝に向けて大きなキーマンとなるはず。

期待せずにはいられません。

 

スポンサーリンク

ホームで迎える降格組対決

そうして2週間ぶりにホーム・NACK5スタジアム大宮で迎える本日の試合は、アルビレックス新潟を迎えるオレンジダービーです。

新潟といえば、昨年甲府とともにJ2へと降格したチーム。

現在19位と低迷していることから、鈴木政一監督を更迭し片渕浩一郎コーチが指揮を務めますが、直近では4連敗を喫しておりなかなか調子が上がらない状況が続いています。

しかし、どんな相手であっても目の前の一戦をしっかり勝ち抜かなければJ1復帰など夢物語です。

J1に戻るのは俺たち!今日はしっかり勝ちきって、J1復帰への足掛かりとしよう!

 

勝利のために最高の後押しを!

3週間ぶりの聖地NACKへ

さあ、今日も氷川山道を通ってスタジアムに向かいましょう!

前回のホームゲームは7/29の熊本戦でしたが、その日は私事で行くことができずテレ玉からの観戦でした。

見事な逆転勝利で現地に行けたらと指を咥えて見ておりましたが、久々のホームゲームだけに勝利の瞬間に立ち会いたいものですね。

スタジアムのゲートにかかっていた横断幕は「勝利のために俺たちにできる最高の後押しを」。

勝利のためにも、ピッチで戦う選手たちを90分間しっかり応援していこう!

久々のスタジアム。連日の猛暑も落ち着いて、観戦するにはちょうど良い陽気となっています。

試合後にスタジアムを出ると、少し肌寒さも覚えたくらいですね。

 

埼玉を代表する一流企業!

当試合のマッチプレゼンターは、クラブトップパートナーのしまむら。

宮原に本社を置く、言わずと知れた埼玉発の東証一部上場の超一流企業です!

チーム創設以来のスポンサーですが、昨年からトップパートナーに就任されています。

そんな同社のご好意で、会場では大抽選会を開催!

指定のアプリインストールか、LINEアカウントへの友達登録で参加できる形式でした。

選手のサイン入り公式球やユニフォームも当たるということで、何が当たるか楽しみですね〜。

 

ギリギリ参加できました

なお、先着1200人限定の同会。

後日レポートを書こうと思うのですが、市内で行われたあるイベントに参加していたことで入場が遅くなってしまったものの、整理券番号1189でなんとか参加できました。

あっぶね〜。

ちなみに当たったのは、参加賞のウェットティッシュ。流石に金の玉は出てこねぇか。

他にもスタジアムにはしまむらのキャラクターであるしまうさも駆けつけ、多くのサポーターの方が写真を撮られていました。

この子の名前、初めて知ったよ。

 

自信を胸に連勝に挑む!

新戦力を積極登用

試合2時間前に本日の試合に臨むメンバーが発表されました。

前節は出場停止だったDF河本裕之選手が今節から出場できるようになりましたが、CBは前節河本選手の代わりを務めた、新加入の畑尾大翔選手と河本選手が担います。

それまでCBで奮闘していた山越康平選手は、ベンチスタートとなりました。

 

ゆりかごダンスに終わる試合に!

まずはゴールキーパーのアップ。

不動の正GKは笠原昴史選手、サブは塩田仁史選手ですが、この度塩田選手に第2子が誕生しました。改めておめでとうございます。


そして、フィールドプレイヤーも続けてアップ開始。

こちらでもサブに入ったMF横谷繁選手に第2子が誕生しています。

重ねて、おめでとうございます。

今日の試合、果たして勝利で終わって彼らに贈るゆりかごダンスで締めることが出来るのだろうか?

いや、そうであってほしい!

 

前がかりになりすぎた?前半

キックオフ前に選手入場。

今までの猛暑はどこへやら、観戦するのにちょうどいい気候に包まれたスタジアムです。

 

円陣を組み、定刻19:04に新潟ボールでキックオフ!

前述したように、ここのところノリに乗っている大前選手を中心とした攻撃陣が序盤から新潟ゴールに迫ります。

が、前がかりに行きすぎたのか、オフサイドを取られ続ける試合展開。

開始直後には茨田選手のスルーパスに走り出した富山選手がゴールに決めたように見えましたが、こちらもオフサイド。

まあ、防戦一方よりかはいいけどさ…。

 

FKから鮮やかに先制!

しかしそうした姿勢が功を奏したのか、ついに先制に成功します。

富山選手がペナルティエリア外で倒され、ペナルティエリア右寄りからのFKを獲得。

これをマテウス選手がゴール左上隅に直接流し込み、19分に大宮が先制します!

そしてゴールを決めたら、先日子宝に恵まれた同僚に向けてのゆりかごダンス!

こういう光景は、本当に微笑ましいものです。

その後は追加点を奪わんとする大宮と追いつこうとする新潟の一進一退の攻防が続きますが、前半はこのまま1-0で終了。

勝負の行く末は後半に持ち越しとなります。

 

相手セットプレーが続く苦しい後半

ハーフタイムを挟み、いざ運命の後半へ。大宮ボールで試合再開です!

後半序盤、追加点を狙う大宮は左サイドからマテウス選手が上げたクロスに大前選手がドンピシャで飛び込むなどチャンスを演出しましたが、ゴールには至らず。

逆に50分ごろになると、逆転を狙う新潟が試合の主導権を握ることとなります。

何度もコーナーキックやフリーキックを献上し、失点も時間の問題かと思われましたが、相手も今一歩及ばずなんとか事なきを得ます。

 

功を奏した選手交代

この状況を受けて、石井監督も動きます。

72分に先制点を挙げたマテウス選手に代えて、嶋田慎太郎選手を投入。

ドリブルで切り込んでくれ!

この采配が功を奏した!

その嶋田選手が右サイドから上げたクロスに茨田選手が反応。

ヘディングでゴール右に流し込み、大宮が追加点を挙げます!

選手全員でゴールを喜び合ってからの、ゆりかごダンス!

2回分できて、本当に良かった!

 

終了直前の痛恨の失点…

その後も75分に河本選手に代えて山越選手、86分に大山選手に代えて横谷選手を投入し、完封勝利を目指します。

が、勝負の世界は甘くなかった。

後半アディショナルタイムの93分、ペナルティエリア外から新潟・渡邊新太選手にシュートを打たれ、これが決まり1点差に詰め寄られます。

ああ、勿体無い…。

 

2連勝で暫定5位に浮上!

なんとか逃げ切りに成功

それでも時間が時間だけに相手の反撃もここまで。

終わってみれば、リードを守りきった大宮が2-1で勝利

無事に逃げ切り、2連勝をつかみました。順位も暫定でプレーオフ圏内の5位に浮上です。

試合終了後の寝ても大宮。

マン・オブ・ザ・マッチは先制点を挙げたマテウス選手です!

そして最後は、第2子が生まれた2選手に捧ぐゆりかごダンスの寝ても大宮。

この瞬間は、格別です。

 

完封してこそ真の勝利

勝った試合なのであまり文句は言いたくないのですが、それでも気になるのが完封できなかったことですね。

今期はすでに14勝を挙げていますが、その中で完封勝利はわずか5勝。

直近でも第24節のアウェイ徳島戦から6試合連続で失点を喫してます。

この先の展開がどうなるものかは全く予想できませんが、現在の大宮が位置する勝点46~49の範囲に4チームがひしめき合う現状から察するに、最終順位で勝ち点が並ぶということも十分にあり得ると思います。

そうなると得失点差が重要になってくるのですが、失点が止まらないようだと得失点差で不利を強いられることは明白です。

全てが終わってしまってからでは手遅れですが、今ならまだ間に合います。

どうか次回以降は、完封勝利を意識して勝ち点だけでなく得失点差にも十分気を配って欲しいと願うばかりです。

 

そんなわけで今日もお疲れ様でした。

それでは!

 

 

試合ハイライト

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事