お世話になっております。

昨日高らかに大宮の町を紹介します!って言ったのに、2日でこのネタに戻るって言うね

自分の計画性のなさをつくづく痛感します…

みなさんすみませんね、こんなしょーもない運営で

 

今日から3日間くらいは、2017シーズンを終えましたので、このシーズンの総括、そして来季に向けたことを、個人的にではありますが書いていければと思います

99.99999%ど素人の独断と偏見ですので、そこのところはどうかご容赦ください

…むしろここは違うとか、お前一体何を見てたんだというところについてはコメントなりメールなりでガンガンご指摘いただければと思います

覚悟は、できております…

 

 

挑む より強く、未来へ

一日目のきょうは、軽く今シーズンを振り返っていければと思います

なに?ネタがないからこんなことしてるんだろうって?

まあ、あたっていなくもないですが・・・

 

スポンサーリンク

主力二人は抜けるも…

昇格1年目ながら、リーグ杯ベスト8、天皇杯ベスト4、そしてリーグ戦年間5位という好成績を残したアルディージャ

残留争いしかしてこなかったクラブにとっては、昨シーズンはこの上ないシーズンでした!

よし、今年こそタイトルだ!

そんなことを思っている新年早々、こんな衝撃のニュースが

なんと、昨年までの主力中の主力であった家長昭博選手、そして泉澤仁選手がそろって移籍とのこと!

 

くぅ…、いつか出て行かれるとは思っていたけど、このタイミングで出て行かれるのか…

どうする、大宮…?
 

スポンサーリンク

着々と戦力補強

ですが、それも見越して大宮も戦力補強を進めていました

湘南からは日本代表にも選ばれたことがある長谷川アーリアジャスール選手、柏からはレイソルユースの傑作にして、俺の同級生の友達柏の中盤を担った茨田陽生選手、群馬からは昨年加入した江坂任選手に並ぶJ2で13得点の瀬川祐輔選手、

そして、清水から大前元紀選手を獲得!

清水時代にゴールも食らっていますが、突出したゴールゲッターで、昨年はJ2で18得点をマークしています

 

大黒柱こそ失ってしまいましたが、多くのタレントあふれる選手たちが入団した2017シーズン

ひょっとしたら、昨年超えもあるんじゃないのか?

…そう思ったこともありました

 

 

ふたを開けてみれば…

スポンサーリンク

落としてしまった開幕戦

そして迎えた開幕戦

相手は、昨年までの主力中の主力、家長選手が移籍した川崎

昨年までの王様に、今の実力を見せつけてやる!

と、思ったが運のつき

家長選手相手にはそこそこ善戦したのですが、リーグ屈指の得点力を誇る川崎を停められず、0-2の敗戦となりました…

 

まだ開幕戦

なんとでもなる!

 

なかなか波には乗れず…

そんな風に強がっていましたが、

物事は甘くはなかった…

続くアウェイの東京戦も0-2で敗戦

アウェイの東京戦は相性抜群なのになぁ…

そして続くホーム磐田戦、アウェイ甲府戦でも敗戦

磐田戦では、開始早々中村俊輔選手に直接フリーキックを決められてしまう始末

今まで引き分け続きだったのに、これはちょっと…

 

連敗は続くばかり…

これにとどまらず、

続く神戸、鹿島といずれも連敗が続いてしまいました

途中清水戦で、1-1で引き分けて今季初の勝ち点をつかみましたが、続くガンバ大阪戦では0-6での大敗

うち1点は、この冬移籍した泉澤選手に決められてしまいました…

恩返しゴールとは、持ってなさすぎ…

 

あの相手から初勝利!

そんな絶望のどん底にいたアルディージャ

初勝利は、開幕9試合目、あの相手からでした!

そう、隣町のライバル、浦和レッズです!

茨田陽生選手の先制ゴールで1-0の完封勝利です!

長く苦しい状況にあったチームに、一筋の光が差し込んできました

続くアウェイ札幌戦は0-1での惜敗ですが、ホームの仙台戦は2-1での逆転勝利!

これは流れが来ている!そう思った矢先…

 

 

強豪相手の連敗、監督交代へ

J1昇格の立役者、渋谷洋樹監督を解任

ですが、ここで上昇気流に乗れなかったのが運のつき

続くセレッソ大阪、さらに柏レイソルと、当時J1の上位にいたチームにいずれも敗戦

やはり、甘くはないのだなぁ…

 

そんな中で、柏戦の敗戦を受けて、一昨年のJ1復帰の立役者、渋谷洋樹監督が解任されてしまいました…

 

バルサ志向の伊藤監督の下で再建なるか?

そうして新たに監督に就任したのが、トップチームのコーチを務めていた伊藤彰監督

ポゼッションで名高いバルセロナのサッカーに精通し、大宮ユースを競合に仕立て上げた同氏にトップチームの運命を任せたというわけです

頼むぞ、伊藤さん!

 

新監督効果で降格圏脱出か!?

そうして就任した伊藤監督の初戦である鳥栖戦は1-1のドローでしたが、

続く新潟戦、そして広島戦と、同じ降格争いをしていたチーム同士との対戦では見事連勝を飾りました!

このころ、チームでは江坂任選手が連続3試合でゴールを決めていて、こんな風にエルゴラッソに大きく取り上げられていたりしたんですよねぇ~!

順位的にも、降格圏を脱出したし、ここから残留の大宮の底力を見せつけられるか…!?

 

 

恒例の戦力補充も…

大型外国人選手が移籍加入

そうした中で夏の補強期間がやってきました

夏の補強には定評のある大宮

ブラジル人選手のマルセロ・トスカーノ選手に、カウエ・セシリオ選手、さらには韓国のキム・ドンス選手を獲得しました

マルセロ選手は済州で大活躍、カウエ選手はヨーロッパリーグにも出場経験がある選手

彼らの活躍の下、今度こそ真に残留を勝ち取り、上位に進出できるか…!?

 

だが、勝てない…

しかし、しかしですよ

それでも勝てない…

 

第19節の神戸戦では、元ドイツ代表ポドルスキ選手にJ初ゴールを献上し1-3の敗戦

あれは最終戦と同じくらい悔しかった…

連勝へ期待がかかった埼スタでのさいたまダービーも、2-2のドローが精いっぱいでした

 

これがシーズン最後の勝利とは…

大宮がリーグ戦で最後に勝った試合が、8/13の第22節新潟戦
江坂選手のゴールでの勝利でした

まさか、これが今シーズンリーグ戦で最後の勝利になってしまうとは…

 

勝ちきれない試合のオンパレード

この勢いを持続させればいいものを…

その後はなかなか勝ちきれない試合が続きます

ホームの広島戦では1点取られて追いつくも追加点を獲れずにドロー


0-6の惨敗を受けたガンバ大阪との熊谷での一戦では、途中1点差を逆転するも、最後の最後に1点を取られて、こちらもドロー…
さらに、残留争いの相手との直接対決となったホーム清水戦でも結局ゴールを割ることができず、0-0のスコアレスドローとなってしまいました

 

ドローの試合ばかり紹介していますが、他はすべて敗戦を喫しています

どうなってしまうんだぁ…

 

 

とうとう2人目の監督交代に

勝てない、勝てない、やっぱり勝てない

その後、アウェイの横浜戦ホームの柏戦と続きますが、いずれもドローに終わってしまっています

いずれも大黒柱をけがや出場停止で欠いていたチームであったのに、それでも勝ちきることができませんでした

これはいよいよもってヤバいよ…

 

世界2位の監督のもと、残留なるか

そうしてチームはセレッソ大阪に1-2で敗戦

他のチームとの勝ち点差がどんどん広がっていく中で、11/5、残り3試合という状況下でクラブはまたも大ナタを振るいました


なんと伊藤彰監督を解任し、石井正忠監督にクラブの指揮をゆだねたのです

 

言わずもがな、石井監督と言えば鹿島アントラーズを率いてリーグ杯にJ1リーグ、さらにはクラブワールドカップで2位の好成績を残し、挙句に天皇杯も獲って、国内3冠を達成した監督

もともと大宮の前身であるNTT関東のOBとはいえ、大宮の監督にはもったいないくらいの逸材です

この逸材の下、 J1残留なるか・・・・?

 

何もかも遅すぎた…

しかし、この歯車をただすことはできなかった

残留の為には最低でも3連勝が必要だった大宮

石井監督の初陣である仙台戦を0-3で落とし、15位広島との勝ち点差は6も、得失点差では10も差をつけられていました

 

そしてとうとう…

そして、先々週11/26のホーム最終戦である甲府戦

0-0のスコアレスドローに終わりましたが、15位広島が勝利したため、この結果をもちまして1試合を残して大宮のJ2降格が決定いたしました…

苦しみながらも、必死の思いで戻ってきたJ1の舞台

その舞台から、わずか2年で去ることになってしまいました

5位につけて、さあタイトルに向けてここからと思った矢先の降格

これほど残念なものはありません…

 

最後に意地を見せてくれるか…?

そして、残る最終戦

アウェイで開幕戦の相手でもある川崎と対戦します

前述のように家長選手が移籍して、試合結果次第では優勝も決まる、最初のJ1昇格時の同期、川崎

スポンサーリンク

対戦成績でも負け越しているこの相手に、最後の意地を見せつけることができるか?

 

しかし、勝負の神様は残酷だった

最初から最後まで見せ場がなく、終わってみれば0-5の惨敗

それに、昇格同期の川崎に初優勝、さらには小林悠選手のプロ初のハットトリックに得点王も献上してしまった


シーズン最後の試合というのに、このブーイング

それまで最下位にいた新潟が勝利を収めたため、順位が入れ替わり、

5位以上を期待されたシーズンは勝ち点25で最下位という結果に終わりました

 

 

以上長くなりましたが、今シーズンの総括です

シーズンを通じてずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと低空飛行だったのが見て取れるかと思います

J2降格、それも0-5の大敗で昇格同期の相手に優勝を献上したうえで最下位に転落というこれほどにない屈辱を受けることになったシーズン

誰が想像しただろうか…

 

ドドドのド素人であることは100も承知ですが、次回はこの1年を踏まえてこのチームに何が足りなかったのか、そしてこの苦境から這い上がるために何が必要なのか、自分なりに考えてみたことを書こうと思います

 

はっきり言わせてほしい

もう、こんな悲壮感あふれるシーズン総括は書きたくない!

 

つづく

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらフォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事