このエントリーをはてなブックマークに追加

成人式発祥の地・蕨 その4 クルド人多し!ようこそワラビスタンへ

お世話になっております。

外で食べるのもいいけど、家で食べる夕飯も乙なものだね

これでビールでもプシュッとあけた日にゃもう最高!

 

さて、蕨のご紹介。

みんな楽しみお食事回です!

 

 

またの名をワラビスタン

目が離せない中東情勢

最近、アメリカのトランプ大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認めたことが話題となりましたね。

あまり詳しくはないのですが、もともとイスラム教やキリスト教において重要な立ち位置を占めていたエルサレム。

戦後のパレスチナ分割に始まり、古くからこの土地の扱いを巡って、中東各国では争いごとが絶えない状況が続いてきました。

 

特に石油を主に中東からの輸入で賄っている日本にとっては死活問題。

この記事をご覧の方にはあまりいらっしゃらないとは思いますが、70年代のオイルショックを経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

 

国際社会の一員としても、中東情勢には目が離せません。

国家を持たない世界最大の民族

エルサレムではないのですが、そのイスラエルのやや北側、トルコやイラク、イランにシリアにまたがる広大な土地に生まれた民族がクルド人です。

人口約3000万にも上るこの民族は、独自の国家を持たない世界最大の民族です。

彼らの中には、真の独立運動を起こすものもいて、しばしばそうした組織同士での衝突も起きてはいます。

 

我々日本人は、島国ということもあり一つの国に一つの民族という意識が根底にある、のかもしれないですが、世界は広い。

一日でも早く、平和が訪れることを祈るばかりです。

 

さながらクルド人の安住の地

クルド人の中には、そのような政情不安を逃れるために、別の国に移る人々も多くいます。

日本にも、そうした在日クルド人がおよそ2000人いるといわれています。

最近では、日本で生まれた在日クルド人2世も生まれてきているようではありますが、川口やここ蕨といった埼玉県南部には、そうした在日クルド人が約1300人棲んでいるといわれております。

古くから鋳物など工業が栄えている埼玉県南部は比較的外国人労働者も多く、彼らにとってもなじみやすいのが人気の秘訣ということです。

 

そんな彼らは、ここ蕨のことを、第二の故郷として「ワラビスタン」と呼ぶという話ですよ!

 

 

そんな彼らの定番料理と言えば…!

蕨じゃなくて川口だけどね

前書きが少々長くなりましたが、蕨駅の東口に戻ってまいりました。

彼らの定番料理のお店へ向かいます。

東に進むと、川口なんだけどね。

あ、このUFJの手前を左に曲がると、おとといご紹介したよろず屋サイクルにつながりますよ。

 

日本でもすっかりおなじみ

東に進むと、大きな道に出ました。

まだまだ東に進みます。

おや、右手に何かお店が見えてきたぞ。

何を隠そう、このお店はHAPPY KEBAB

トルコ料理の定番、地域で評判のケバブ屋さんです!

今やお祭りの屋台の定番となったケバブ

大宮近辺には専門店は少ないのですが、やはり場所が場所だけにしっかりありますね!

 

ランチメニューも充実

さっそく店内に入ってみようと思います!

店内は5席ほどのカウンター席と、2人掛けのテーブル×5台くらいから成ります。

お店のメニューです。

普通のケバブにケバブ丼、さらにケバブプレートかぁ

ソースも甘口・中辛・辛口から選ぶことができます。

他にも各種サイドメニューや

本場のトルコアイス、そしてチャイといったドリンクメニューもたくさんあります。


スポンサーリンク

トルコアイス、一度食べてみたいなぁ

 

よし、ガツンとケバブプレートを注文っと!

 

クルド人にとっても憩いの場

私以外にもクルド人の方が来店されていましたが、同じ民族のお店ということで、多く訪れているようですね。

そりゃそうか。

それを物語る、こんな貼り紙も。

近所の日本語教室の宣伝です!

初学者でも読みやすいように、平仮名で書かれていますね。

国籍問わず、地域の方々に愛されているお店ということが、なんとなく伝わってきます。

 

 

スタミナ抜群!ケバブプレート

これでもかというほどの

待つこと約5分。

こちらが注文したケバブプレートです!

野菜にお肉というケバブの具に、

ご飯が乗っています。

 

これでもかというほどのお肉。

こりゃ食べるとスタミナつきそうだな!


スポンサーリンク

サンドじゃなくても全然アリ!

まずは野菜から、いただきま~す!

プレートとは銘打っているものの、味はおなじみのケバブサンドと全く同じ。

食べても食べてもわいてくるお肉に

味の染みたライス。

ケバブサンドもいいけど、これも全然アリだね。

さすがに、肉を回して削ぐのは難しいけど、機会があれば家で再現してみようかな。

完食!

肉の量が量だけに、ご飯を3杯くらい食べた時の満腹感です。

う~し、午後も頑張るぞ!

 

ちなみに隣には

ちなみにお店の隣にはこんなお店が

ハラルフード、すなわちイスラム教徒が食べることが許されている食材を扱うお店です!

やはりクルド人はイスラム教徒の方が大多数ですからね。

こんなお店があるのも、実にワラビスタンらしいといえるでしょう。

 

隣の川口に足を踏み入れちゃったけど、ワラビスタンでケバブプレートをたしなんだ私

午後は蕨市方面に戻って、引き続き街めぐりを続けるとしますか!

 

次回も見てくれよな!

 

つづく

 

 

お店紹介

◇HAPPY KEBAB(ハッピーケバブ)

  • 住所:埼玉県川口市芝新町15-8
  • 電話番号:048-424-2535
  • 営業時間:10:30~23:00
  • 定休日:無休(お店の都合で臨時休業あり)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみ~て大宮をフォローしよう!