このエントリーをはてなブックマークに追加

私が生まれた街杉戸3 庭で写真も撮った割烹亭高橋屋

お世話になっております。

私が生まれた街杉戸の紹介、本日は3回目。

割と思い出があるお店をご紹介します。

 

 

古利根川の目の前にある鰻屋さん

古利根川の目の前にお店が

初回で出てきたこの古利根川の川岸の写真、よく見るとなにやらお店がありそうなのがわかりませんか?

 

杉戸町側を歩いていくと

 

 

こんな灯篭を発見!

なになに?高橋屋?


スポンサーリンク

 

中を見てみると、見事に手入れされた日本庭園が広がっています

Beautiful !!

 

こちらが今回取り上げるお店、うなぎ割烹高橋屋です!

公式HPによると、明治の初期からあるお店で、現在は4代目の由緒あるお店なのです

 

姉の七五三で写真を撮ったお店

 

なぜこのお店を訪れようと思ったのか?

杉戸に住んでいたころ、私達一家はこのお店の近くに住んでいました。

 

3歳離れた姉の七五三の際に、このお店を双方の祖父母と訪れてこんな写真を撮りました。

※一部画像に加工を加えております

こちらは父方の祖父母で、すでに15年以上前にどちらも亡くなっていますが、お葬式の際の遺影もこの写真からとりました。

 

こちらは私単体の写真

まだちっちゃかったなぁ~!

 

いまだに実家のアルバムに残っている写真ですが、非常に記憶に残っている写真なので、杉戸を訪れた際には、この舞台となったお店を訪れようと心に決めていたのです。

 

 

見学自由なお庭

中に入っていくと、本当に息をのむくらい見事な日本庭園が広がっています。

ちゃんと椅子も置いてあって、こんなのに座りながらお茶にようかんをつまんでみたいですね

 

敷地内のお庭は、店主様のご厚意で見学自由となっています。

さっすが~!

 

おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

まさにここが写真を撮ったあの場所じゃないか!!!!

 

23年前の私が座った?と思われる石段もありました。

何も変わってないな・・・

もう23年も経って祖父母がなくなって、進学して就職して、今じゃこんなことしてるというのに・・・

 

 

思い出に浸りながらうなぎに舌づつみ

水も滴る?和テイストなお店

お庭の紹介はこれくらいにして、お店に入ります。

 

店内は落ち着いた和テイストでした。

 

水は出なかったのですが、こんなモニュメントも

なかなか手が込んでるね~

 

あの時は食べていなかった?うな重を注文

メニューはこんな感じ!

お、やっぱりうなぎがメインのお店なのね

うなぎ以外にも、鯛茶漬けにエビ天丼、どれもランクの高い和食だよなぁ

 

あの時は多分うなぎは食べていなかっただろうし、ここまで来たらうなぎ食べようっと

よし、うな重1人前お願いします!

 

ちと高いけど、なんとかやりせねば・・・

 

 

有名人も多く訪れるお店

うなぎというと、やはり焼きあがるのに時間がかかるので、料理が出てくるまでの間、店内を見渡すことに

お店の壁には、例のごとくお店を訪れた有名人のサインが

お、つのだ☆ひろじゃん!


スポンサーリンク

 

また、この人も!

元SMAPでオートレーサーに転向した森且行氏です

古巣のごたごたに、彼はなにをおもうのであろうか・・・

 

また、こちらのお店は梨園、いわゆる歌舞伎界でもそこそこ名をはせているお店のようで、歌舞伎出身の香川照之氏のサインもありました

 

 

 

クセのない淡白なうなぎ!

蓋を取るとほかほかのうな重が

 

そうこうしているうちに、料理が到着!

 

うな重どんなだろうなぁ~!

 

 

ぱかっ

 

蓋を取るとほっかほかのうな重が姿を現しました!

ああ、この光景、シアワセ~

 

当然ながら、肝すいもついてきます

やっぱうなぎ屋って言ったら、肝すいだよねぇ~!

 

 

 

淡白でクセのないうな重

こちらのうな重、うな重本体に肝すい、お漬物、さらにデザートのセットになっております

 

まずはお漬物をペロッといただいて

 

わさびを乗っけて、メインのうな重へ!!!

 

お好みでどうぞといわれたうな重のたれをかけて・・・・

 

 

いただきま~す

はむっ

 

お、あまりクセがなくて、むしろ淡白なくらいでスッと入ってくる

うん、いける。いける。

 

気が付くと、お重を持ち上げてがつがつ食べている私の姿がありました

いやお恥ずかしい・・・😅

 

最近うなぎってあまり食べてないけど、やっぱり料亭で食べるうなぎはそれなりのものだから泥臭くないし、何より素材のうまみが出ているような気がしますね

 

 

そして肝すいにデザートの草ようかんを食べて

 

 

 

完食!ごちそうさまでした!

ああ~、なんかお代わりしたくなる

うな重なのに、かなりやみつきになる味だったぜ!

 

 

 

ちとお高いランチでしたが、思い出補正もあってとてもやみつきなりそうなうな重!

 

杉戸を訪れた際にはぜひいかがでしょうか!

ってこのフレーズ多用しすぎ・・・

 

次回もご期待ください!

 

 

つづく

 

 

 

これで終わんねーよ おまけ

 

はいは~い!この前で閉じた人~?

 


スポンサーリンク

君はまだ、本当のみ~てを知らない・・・

 

 

お会計後、料理長様に23年前に撮った写真をお見せしたところ、非常に喜んでいただき、

 

あの時と多分同じ場所で同じ構図で写真を撮ってもらいました!

※しつこいようですが、画像に一部加工を加えております

 

本当にありがとうございます!!!

父方の祖父母は亡くなってしまいましたが、今度は家族で伺えたらと思います!!

 

 

帰り際お店の方々に笑顔で見送っていただいたこのお店

親父とおふくろを連れていくだけじゃなくて、もしも自分に子どもができて七五三になったら連れて行こうっと!

 

・・・果たしてそんな日は訪れるのか?😭

 

 

 

その旋律は、夢見るように・・・

 

 

つづく

 

 

 

お店紹介

◇うなぎ割烹高橋屋

住所:埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸3-10-6


電話番号:0480-32-0021

営業時間:11:30~15:00(ラストオーダー13:30)、17:00~22:00(ラストオーダー20:30)

定休日:月曜日,第2・第3火曜日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみ~て大宮をフォローしよう!