このエントリーをはてなブックマークに追加

【愛と哀しみの埼玉の歴史】矢島さんありがとう!埼玉のヒーロー・クレヨンしんちゃんのこれまで その1

こんばんは。

今回からは久々の愛と哀しみの埼玉の歴史シリーズです。

直接埼玉ではないのかもしれませんが、今回は割とホットなこちらのネタをご紹介。

 

埼玉のヒーローに大ピンチ!?

衝撃の声優降板

今月初めの6/1。

来たるW杯に胸踊る埼玉、いや日本中に衝撃を与えるニュースが流れました。

皆様もご存知なことでしょうが、埼玉県春日部市を舞台とするアニメ・クレヨンしんちゃんの野原しんのすけの声を務める矢島晶子さんが今月いっぱいで降板となることになりました。

 

声の維持に限界が…

1992年の放送開始から26年にもわたってしんちゃんの声を演じられてきましたが、しんちゃんの声を保っていることに限界を感じられ、降板を申し出られたということです。


スポンサーリンク

声の維持にあまりに集中しすぎて、自然な演技が難しくなり、他のキャラクターのオファーが来ても固辞せざるを得なかったのだとか。

確かに特徴的な声だけに、維持は難しそうだものなぁ…。

 

降板まで1カ月足らずでしたが、この時点で後任は調整中。

いったいこの先どうなってしまうのかと、大いなる絶望を覚えたニュースでした。

 

SAITAMAを知らしめた立役者

思えば小さな頃からクレしんに慣れ親しんできた自分としては、矢島さんのしんちゃんが身近なものだと思っていましたが、いざ降板となってしまうと一抹の寂しさを覚えたものです。放送が始まった90年代初頭、いわゆる「ダ埼玉」の風潮が残っていたため埼玉のイメージはお世辞にもいいとは言えませんでした。

しかし、埼玉の春日部(劇中では春我部)を舞台にしたクレヨンしんちゃんが一世を風靡すると、そんな埼玉のイメージも大きく変わってきたように思えます。

もちろんそこにたどり着くのは平坦な道のりではなかったですが、そこには矢島さんの功績も非常に大きいと思います。

矢島さんに敬意を示して、今回の愛と哀しみの埼玉の歴史はそんなしんちゃんの軌跡を振り返っていこうと思います。

 

成人雑誌発のホームドラマ

かなりエグかった連載初期

まずは簡単にアニメに先立ち漫画のしんちゃんが始まった経緯をお話ししましょう。

クレヨンしんちゃんが漫画作品として初めて掲載がされたのは、今から28年前の1990年。

ドラえもんは、小学●年生(●の中は各学年)という小学生向けの雑誌で連載が始まりましたが、

しんちゃんが連載されたのは、双葉社が発行する漫画アクション。対象年齢がアダルト層の、いわゆる成人雑誌の範疇に入る雑誌です。

作者である臼井儀人先生が同誌に連載していた、4コマ漫画のキャラクターの幼年期編が好評だったため、そこから奔放な幼稚園児を描こうということで次回作として連載することにしたといいます。

 

幻の連載初回

ちなみに初めて連載された回では、しんちゃんは幼稚園への転校生として描かれていました。

転校生としてクラスのみんなの前で先生に紹介されているときに先生のスカートの中に潜ったり、粘土工作で犬の交尾を再現したりと、普通の5歳児が考えつかないようなエグいネタを見せていました。

なお、この第1回連載はしんちゃんが転校生であるなど現在の設定と矛盾する箇所があるので、単行本には掲載されていません。

興味ある方は国立国会図書館(20歳以上)で確かめるか、ネット上に動画も上がっていますのでそちらもご参照ください。

 

これ以降も「プロレスごっこ」や「大人のおもちゃ」「ぞうさん踊り」など、かなりキワどいネタや親を呼び捨てにするなどいささか乱暴な言葉遣いなど、キッズ層が読むような漫画とはかなりズレている作風で連載が続いていくのでした。

 

つなぎ作が大ブレイク!

その後舞台を作者が当時居住していた春日部市として、連載を続けていたしんちゃん。

転機が訪れたのは1992年4月。なんとテレビ朝日でアニメ化されることが決まりました!

ただ制作サイドとしてはそこまで力を入れていなかったらしく、半年もてばいいとまでいう下馬評だったと言います。

 

予想外の大ヒット

初回の視聴率こそ4.0%台でしたが、原作を受け継いだ作風が子どもたちにウケたのか放送1ヶ月で10%を超えるなど、たちまち人気コンテンツに成長。

これには制作サイドも予想できなかったらしく、半年という枠を超えて放送が継続されることになりました。

 

苦難の時代ー有害アニメと呼ばれて

しんちゃんのマネが社会問題に

放送翌年には初の劇場映画「アクション仮面vsハイグレ魔王」が公開されるなど、順風満帆に思えたしんちゃん。北春日部や越谷など、劇中では埼玉の地名も数多く出てきて、全国規模で埼玉の地名が流れる事態にもなりました。
また、矢島さんご自身が歌われた番組のオープニング「オラはにんきもの」もオリコンチャートの上位に食い込むなどの大ブレイク。
今でもたまに流れますよね。

しかし、人気が高まるにつれてある問題が起きていました。


スポンサーリンク

それがしんちゃんのモノマネです。

前述のようにいわゆる「ぞうさん踊り」や化粧品でのいたずら、親を呼び捨てにするなど、かなり奔放な性格で描かれていたしんちゃん。

アニメは漫画ほどではありませんが、それでも忠実に描かれているため、マネする子どもが急増。

子どもにしんちゃんのアニメを見せない家庭・学校が出てくるなど、一躍社会問題となってしまいました。

 

ワースト番組の常連

そうしたしんちゃんへの風当たりを示すものとしてしばしば取り上げられるのが、日本PTA協議会が毎年実施していた「子どもに見せたくない番組ランキング」、いわゆるワースト番組ランキングです。

「8時だよ!全員集合」などのバラエティ番組が毎年名を連ねているランキングに、しんちゃんも毎年のように上位にランクインしてしまっていました。

「内容が馬鹿馬鹿しい」「言葉遣いが汚い」「親をバカにしている」など、親御さんからの評価は錚々たるものでした。

さらに全国各所で、こうしたPTA団体などによる放送中止への署名運動まで起きていたといいます。


スポンサーリンク

作者が示した一つの答え

しかし、臼井先生をはじめとした制作サイドは、クレヨンしんちゃんという作品に対して下品とは言われてはいても家族愛を描いた作品として、大いなる自信を持っていました。

そこで1993年に臼井先生自らが脚本を書いた、「おらはエンピツしんちゃんだぞ」という回が放送されます。

この中で、現実世界と同じくアニメの口真似をしているしんちゃんを見て、しんちゃんのお父さんのひろしが「子どもの頃はふざけたことを言っていても、大人になれば忘れるものだ」という旨の発言をしていました。

まさにこれこそが、臼井先生のスタンスだったのでしょう。

 

その後しんちゃんの妹のひまわりが生まれるなど新しい家族も加わったことで、漫画でもアニメでもホームドラマとしての性格が強くなっていきました。

 

大人を泣かせる劇場版

こうして批判を受けながらも春日部の、埼玉の顔としてますますの発展を遂げていたクレヨンしんちゃん。

ちょうど21世紀に入った頃から、その人気を決定づける出来事がありました。

 

21世紀を取り戻せ!

皆さんもよくよくご存知なことでしょう、劇場版の大ヒットです!

25年前の1993年から毎年映画が公開されていますが、このうち2001年に公開された「モーレツ!オトナ帝国の逆襲」は、20世紀を至上とするイエスタデイワンスモアとしんちゃん一家の攻防を描いたもの。

劇中には大阪万博をはじめ、懐かしの昭和の音楽や街並みが登場し、お子様だけでなく一緒に劇場にいらしていた親御さんたちに大好評を博しました。

当時の新聞記事には「大人たちから悪評を受けることも多いしんちゃんだが、そういう人たちにこの映画を見せて感想を聞いてみたい」などと書かれれるなど、とにかく評価が高い作品です!

 

大河顔負けの戦国ドラマ

そして、翌年公開された作品も大反響を呼びました。

劇場版第10作目として制作された「嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」です。

ひょんなことから戦国時代にタイムスリップしてしまったしんちゃん一家と、戦国時代の春日の国の廉姫に恋をする武将・井尻又兵衛との交流を描いた作品です。

ギャグも多いのですが、大河ドラマにも劣らぬ時代考証や登場人物の表情を生き生きと描いた作風などが、これまた親御さんも含めて大好評を博しました。

しんちゃんシリーズとしては初めて、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞に輝くなど、多くの賞を受賞した作品です。

 

今回は作品紹介が多くなってしまいましたが、次回はそんなしんちゃんと埼玉県の関わりについて掘り下げていくことにしましょうか。

次回も、見れば〜?

 

つづく

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ
  • にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみ~て大宮をフォローしよう!