このエントリーをはてなブックマークに追加

【アルディージャ試合レポート】J2第24節大宮vs松本 真夏の平日ナイターで立ち上がれ大宮!

こんばんは。今日も観戦お疲れ様でした。

遅くなってしまいましたが、例のごとく今日の試合を振り返っていきましょう!

 

無敗記録は8でストップ

ついに自動昇格圏に勝ち点3!

 

先々週のホーム大分戦で、1-0の完封勝利を収めた大宮アルディージャ。

前半早々に獲得したPKでの得点を守りきっての得点ですが、自動昇格圏にあった大分に勝利し、順位は7位と自動昇格圏に勝ち点3差にまで迫りました。

同時に5月のアウェイ栃木戦から続いているリーグ戦無敗も8試合に。

ここからは徳島に松本、そして熊本と前半戦で黒星を喫した相手との3連戦。

8戦無敗という自信を胸に、今こそ借りを返しに行こう!

 

大前選手のゴールも実らず…

そして迎えた先週7/21のアウェイ徳島戦。

立ち上がりから相手に主導権を握られてしまった大宮。


スポンサーリンク

後半にまさかの失点を喫すると、大前選手が5試合連続となるゴールを決めて追いつきましたが、反撃もここまで。

再度徳島に得点を許してしまい、1-2とホーム岐阜戦以来9試合ぶりの敗戦を喫してしまいました…。

これでリーグ戦の無敗も8試合でストップということになりました。

 

まだまだ続くリベンジマッチ

しかし、試合は待ってくれない。

今季初の平日ナイターとなる今節は、ホーム・NACK5スタジアム大宮に、現時点での首位にして前半戦に2-3の敗戦を喫した松本山雅FCを迎えます。

ホームで松本を迎えるのはこれが初めてのことですが、敗戦というショックを振り切るにはどんな相手であっても勝利が一番の薬となることは言うまでもありません。

しかも首位の松本を叩けば、自動昇格圏に一気に近づくことも明らかです。

何としても勝利で浮上のきっかけをつかもう、アルディージャ!

 

スタジアムでカルナバル!

Jリーグ初のポスト

ではスタジアムへ向かうとしましょう!

いつもとは異なり、県道埼玉春日部線からお伝えいたします。

ニュースで話題になりましたが、大宮のクラブショップ・オレンジスクエアの向かいにある高鼻郵便局の郵便ポストが、Jリーグで初めて地元のチームであるアルディージャ仕様のものになりました!

写真映え間違いなしなこちらのポスト。

手紙を出すのが楽しくなりそうですね!

途中省略しますが、いつものように氷川参道を抜けてスタジアムへ。

この前日に熊谷市で観測史上最高記録となる41.1℃を観測しましたが、暑さの峠も過ぎたようで観戦にはちょうどいい気温となったこの日。

これで多少は、選手も動きやすくなるだろうか。

 

乳振れ尻振れカー二バール!

いつもなら選手バスの出迎えをするところですが、今日はスタジアムのイベントに密着。

毎夏恒例の大宮区デーということで、大宮区でこれから行われるお祭りのPRブースも出展しました。当サイトでもちらっと触れてはいますけどね。

 

試合前に目の保養

前述のお祭りまとめ記事でもご紹介していますが、来たる8/1に大宮駅西口でスパークカーニバルが開催されます。

それに伴い、実際にサンバを踊る踊り子たちがスタジアムにやってきました。

いや待て、サンバということはつまり…。

たまんねぇ、たまんねぇよ…。

 

崇高なる紳士の嗜み

サンバの醍醐味、それは陽気なラテンの音楽に合わせて、乳振り尻振り踊り続ける踊り子たち!


しかもこのきわどい衣装で!!

あー、選手バスの見送りよりもこっち来てよかったああああああああ!!!!(単純でごめんね)

いいっすねぇ〜、こんな踊り子たちを間近で見られるなんて。

やっぱこの時期の醍醐味だよ!ぐいっひっひっひっひっひ。

しかし、ゴゴモンズリスナーとしては、さくまひでき&ゆうかりしずる先生のサンバ調の新曲「群ままごころばつぐん馬」で踊ってほしいなーって思ったり思わなかったり。

 

勝利の女神はすぐそこにいる!

そしてひとしきり踊り明かして最後は、

大宮のチームソング・Vamos Ardijaでサンバを踊ります!

うおおおおおおおおおおお、貴女方こそ勝利の女神です!!!

いや〜、試合前にいいもの見させてもらった!

お陰でボルテージとアレもMAX。

さあ、あとは勝とうぜ大宮!!!

 

スパークカーニバルは8/1開催、詳しいことはここ見てねー

…正直引きます?この投稿。

 

自信を胸に戦え大宮!

連勝メンバーで首位から勝利を!

キックオフ2時間前に、本日の試合に臨むメンバーが発表されました。

前節敗れこそしましたが、特に変更はありませんね。

まだ1敗ですので、今までやってきたことにブレはないということで継続でしょうか。


スポンサーリンク

アップに臨む選手たち。

今日の試合の結果は、ピッチのあなたがたに懸かっています。

何としても、勝ち点3を掴みに行きましょう!

 

期待の新戦力、ついに合流

また、試合前には先日名古屋グランパスからの期限付き移籍加入が発表されたDF畑尾大翔選手の挨拶がありました。

早稲田大学時代は富山選手とも一緒にサッカー部でプレイしていたということで、1日でも早くチームに馴染んでJ1へ導いてくれよ!

 

新チャント第3弾お披露目!

そしてこちらもお披露目。

ゴール裏の応援を取り仕切るOrangerの皆様が毎年シーズン折り返しのこの時期に追加チャントを発表されますが、その第3弾としてDF酒井選手のチャントが発表されました。

コールリーダーの方のお住いの近くである、よさこい踊りをイメージした北朝霞駅の発車メロディが原曲とのこと。

早く試合中に歌ってみたいですね!

 

数的優位で首位喰いなるか!?

平日でも9000人のサポーターたち!

選手紹介からの選手入場。

後で知ったことですが、平日にも関わらず9300名ものサポーターが詰めかけたとのこと。

私もそうですが、みんな仕事や学校もあるのに、わざわざ早引きして来られたことでしょう。

そんな平日の夜にスタジアムに駆けつけてくれたサポーターの前で、歓喜の瞬間を迎えようじゃないか!

 

相手のファールで数的優位に!

いざ前半キックオフ!

立ち上がりからマテウス選手や茨田選手などサイドハーフの選手が起点となって攻撃の形を見せる大宮。コーナーキックを立て続けに獲得するなど、上々の滑り出しですね。

対する松本も、さすが首位にいることもあり精度の高いカウンターを仕掛けてきます。

すると両者無得点出迎えた32分に、一悶着。

自陣でマテウス選手を倒した松本・吉美選手がマテウス選手と小競り合いに。

主審はイエローカードを提示しますが、ピッチ、そしてスタジアムは一時騒然となります。

その後イエローを訂正してレッドカードの提示を受けた吉美選手は退場処分となり、大宮は数的優位を得ます。

 

待望のシーズン初ゴール

そうして数的優位を得た大宮。

得点も時間の問題と思われましたが、その瞬間は前半終了間際にやってきました。

前半追加時間帯の48分、マテウス選手の折り返しを受けた大山選手がゴール左上隅にシュート。

これが決まり、大宮が先制します!

数的優位に加えて先制点も挙げた前半。

さあ、しっかり追加点を決めて勝負を決定づけよう!

 

PK被弾で同点

迎えた後半。さあ、しっかり頼むぞ!

しかし、松本もタダでは勝たせてくれなかった。

54分に相手のコーナーキックのこぼれ球をペナルティエリア内の大山選手がブロックしましたが、これがファールに。

相手にPKを献上してしまいましたが、永井選手のPKを止められず。

1-1の同点に追いつかれます。


スポンサーリンク

同点からまさかの…

しかしまだ試合は30分以上残っているし、まだまだ挽回はきく。

こんなところで下を向くな、大宮!

しかし、相手もさすが首位にいるだけのことはあった。

64分相手のカウンターから抜け出した永井選手を止めきれず、1対1を決められとうとう逆転されてしまいました…。

山越選手もブロックについていたんだけど、止めきれなかったかぁ…。

逆転を狙う大宮も大前選手に代えてマルセロ選手、酒井選手に代えて奥井選手と選手交代で勝負に出ます。

FKや流れから得点のチャンスも多々ありましたが、それでも最後の一手がなかなか及ばず、時間ばかりが過ぎ去っていきます。

 

逆転負けで2連敗

数的優位を生かせずまさかの敗戦…

試合は1-2で終了。

数的優位を生かせず逆転負けをくらい、大宮は2連敗となりました

試合後のゴール裏での選手挨拶の模様です。

勝機が有り余るほどだったのに結局フイにしてしまった試合結果も受けて、ブーイングも飛び交うゴール裏でした…。

 

個人技では勝てないサッカー

NACK5スタジアム大宮の隣にある県営大宮球場では昨日まで高校野球の北埼玉・南埼玉大会が行われており、南埼玉は浦和学院高校が、そして北埼玉は前年度覇者の花咲徳栄が甲子園への切符を掴みましたね。

バカを晒すのを覚悟ですが、野球とサッカーを比べると、やっぱり野球って個の力が試合を左右すると思います。

バッターボックスにピッチャーマウンドという決められたポジションに立つ選手が、本塁打をどれだけたくさん打ったり速い球を投げていくか。

もちろん例外は多々ありますが。

個の力という観点からすると、あまりこういう話はしたくないですが、間違いなく大宮はJ2トップレベルだと自負しています。

NTTグループの潤沢な資金力の元、大前選手やシモヴィッチ選手など多くの優秀な選手を抱えていますから。

しかし、それでも10人相手の松本に勝利を挙げることはできませんでした。

 

総合力で劣るなかれ

PKにカウンターという流れで立て続けに失点を食い、そこから追いつくこともできず敗れてしまいましたが、2失点後の大宮は正直見ていて攻め手を失い、個人技に頼っていたように思えました。

ゴール前でシモヴィッチ選手やマルセロ選手がシュートを打つも、決まらず。そんなシーンを何度となく見てきました。

失点シーンも味方の選手たちのファールや力足らずから生まれてしまったものですが、サッカーという競技はピッチ上の11人の誰かが一つでも綻びを見せれば、瞬く間に破れていってしまうスポーツです。

そういう意味で恐ろしいスポーツなのかもしれませんが、一方で光る個の力はなくても他のメンバー同士でうまくカバーしていけば、思わぬ結果が得られる。そんな一面もあります。

間違いなく大宮には個の力はあると思いますので、あとはその力をいかに組み合わせていくか、そしてたとえ失点した時でもどのようにカバーしていくか、まだまだチームとしての戦術に改善の余地があるように思います。

難しいのかもしれませんが、今回の敗戦で見えてきたものはあるはず。

私はピッチで戦うことはできないので、ピッチで戦う選手たち、そしてスタッフの皆様が知恵を絞って改善してくれると今は信じます。

 

取り急ぎ、遅くまで皆様お疲れ様でした!

 

試合ハイライト

 

  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 埼玉県情報へ
  • にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ
  • にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でみ~て大宮をフォローしよう!